複素数平面、絶対値について

|α|=|α–2|

複素数α(≠実数)についての、この式が表す図形的意味はなんでしょうか?

勉強レベル4 on 2018年4月15日 の質問 数学(高校)に関する質問.
コメントする
ベストアンサー

α = x + i・y
x , y は実数 かつ x≠0 と置け

|α| = √(x² + y²)
|α – 2| = √{ (x – 2)² + y²}

∴x² + y² = (x – 2)² + y²を整理すると
x = 1

複素平面上での
x = 1となる

on 2018年4月15日 の回答

ありがとうございます!他の質問にも答えてくださり、とても助かります。この途中計算の記述は答案に含んだ方がいいですかね、、?

on 2018年4月15日.

記述式の答案であるのなら当然だろう

on 2018年4月16日.
コメントする

複素数の絶対値は”距離”を表します。
複素数zの表す点をP(z)、αの表す点をA(α)とすると
|z – α|=PA、|z|=OP
すなわちPA=OPとなる点Pの集合
つまりPはOPの垂直二等分線となります。

on 2018年4月16日 の回答
コメントする

この質問は解決済みです