ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

蒸気圧降下

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

蒸気圧降下です。


なぜt2-t1のときは0.10でt3-t1のときは0.150だとわかるのですか?

(なぜ➀の式はグルコースで②の式は塩化マグネシウムだとわかるのですか?)


koreyasu さんの質問 勉強レベル6
3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

なぜ➀の式はグルコースで②の式は塩化マグネシウムだとわかるのですか?

→(1)にあるように、最も沸点の低いAが水ですね。次に、(1)の考え方にもあるように、沸点上昇度は溶媒の量が一定であれば、溶質の物質量に比例するとあります。ですから、グルコースと塩化マグネシウムの物質量を計算したとき、値の小さい(=沸点の小さい)Bがグルコースとなり、Cが塩化マグネシウムとなります。

すると、t2-t1というのは、グルコースと水の沸点について、t3-t1というのは、塩化マグネシウムと水の沸点について、それぞれ考えています。だから、①はグルコース、②は塩化マグネシウムに関してであると判断できる。


なぜt2-t1のときは0.10でt3-t1のときは0.150だとわかるのですか?

→上で述べたように、①はグルコース、②は塩化マグネシウムに関してであると判断できるので、①は、グルコースを加えたことによる沸点の上昇割合(沸点上昇度)、②は塩化マグネシウムを加えたことによる沸点の上昇割合(沸点上昇度)と考えることができます。ですから、①ではグルコースの質量モル濃度である0.10を、②では塩化マグネシウムの質量モル濃度である0.150を用います。

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(29件)

問題集・参考書の情報

第一学習社
  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    KERH 発展例題18〉蒸気圧降下と沸点 問題241 図は,純粋な水, 1 kgの水に18gのグルコースCoH12O6を溶 かした水溶液,1kgの水に4.75gの塩化マグネシウムMgCl2 を溶かした水溶液の蒸気圧曲線を示したものである。次の各 問いに答えよ。ただし,電解質は完全に電離しているものと ChPa) A B C 1013 ⑤電気 する。 (1) グルコース水溶液はA~Cのどれか。 (2) 沸点なが100.052℃であるとき,なは何℃か。 t ts :液を生じ い溶液が ·イ)性 温度(℃)- 考え方 解答 と入セ文 (1) 溶液の蒸気圧は溶媒の 蒸気圧よりも低くなり,沸 点は高くなる。沸点上昇度 は,溶媒の量がー定であれ ば,溶質粒子の物質量に比 例する。MgCl2は水溶液 中で次のように電離するた (1) 沸点の最も低いAが純粋な水である。各水溶液の溶質 粒子の物質量を比較すると, 次のようになる。 て放置する エ)コロ 18g CoHi206(非電解質):180g/mo=0.10mol 水酸化録 コロイド MECI2(電解質): 8 ×3-0.150mol 95 g/m...

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する