英語 関係詞についてです

【質問の答えについて】

この質問の答えはわかりません。

英語 関係詞についてです

There are lots of beautiful shells on the beach.you can take(   ) you like.

❶any what ➋any whatever ➌any that ❹any of that

答えは➌らしいのですがなぜ❹ではないのかを教えて欲しいです。➌が正しいのは理解できたのですがany of thatを先行詞として後ろのthatかwhichが省略された形として❹を考えることはできないでしょうか??

お願いします!

新入部員 (Lv 1) on 2018年10月3日 の質問 英語に関する質問.
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
sakuraba
さんは家庭教師をしています

★前提知識

①他動詞…後ろに前置詞+名詞がこない。名詞1(2)語必ず来ます。

②that…もう一度名詞を使う場合は、thatが使われます。その証拠に、修飾語であるanyが使われます(指示語の前に修飾語は着ません)

③関係代名詞の省略…名詞の後ろがSVとなっている場合は、関係詞(基本的にthat)が省略されます。というより、後ろが不完全文(※)

④どんなに日本語として自然な形でも文型がおかしい場合は、間違いです。

⑤関係代名詞を使った文の作り方。

例、any that(先行詞)+ you like that(thatを先行詞の前に持っていく).

any that that you like(関係代名詞のthatを省略させる)

any that you like(完成)

このとき、他動詞であるlikeが欠けた形になります。関係代名詞の特徴として、不完全文になるのです。だから、③が正解です。①や②は意味不明の文になるので×です。

そして、注意をしてほしいのが、形容詞であるanyごと一緒に持って行けないことです(「any that」という名詞のカタマリを先行詞にできません)。

なぜなら、関係代名詞は名詞のため、形容詞を持っていくことはできません。

名詞1語持っていくことはできますが、名詞句や節(要するに名詞のカタマリ)を持っていくことができませんし、先行詞として持っていくことができません。

※不完全文…名詞が1語欠けた文のこと(主語or目的語or前置詞の後ろの名詞or 補語)のどれか一語消えます。

⑥anyの後ろには、名詞1語(人称代名詞は除く)きます。

★実際に使ってみよう。

any of that you like(前置詞を後ろに持っていき、省略されてある関係代名詞であるthatを補う)

=any that that you like of(ofの後ろにthatを持っていく。そして、先行詞であるthatを)

=any that+you like of that(完成)

このときに、likeの後ろには前置詞が来ているという文型違反のため、④は×です。

★学習の指針

このように、日本語で訳した上で答えると、非常に時間がかかるし、間違える可能性が高いため、きちんと構文を取って訳すようしましょう。

そして、関係詞や分詞構文や文型や現在分詞(過去分詞)や不定詞や動名詞や倒置や比較や省略や名詞構文などは、文の作り方を理解する→特徴を見つけるというほうが理解する速度も使いこなす速度も速くなります。

on 2018年10月3日 の回答

丁寧にありがとうございます。

ものすごく分かりやすくて助かりました!

文の構造をちゃんと理解できていてなかったのでもう少し勉強します!

on 2018年10月3日.
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
たくと
さんは家庭教師をしています

北陸でプロ家庭教師として20年以上の指導経験があります。 読解や脳トレ、情報集めの指導にも力を入れています。 調べる力も身につけてほしいので、必要最低限の説明やネット情報を使ってアドバイスいたします。 小学生から高校生まで対応可能です。 小学生・中学生は全科目対応できますが、大学受験にから...

これはネットですぐ見つかる例文ですが

This is the town in which I was born.
= This is the town which I was born in.
= This is the town that I was born in.
= This is the town I was born in.(これが一番口語的)

関係詞、特にthatの場合は、前に代名詞を置く使い方が出来ないと覚えておく方が楽ですよ。

それで4を選択肢から外した方が無難です。

/ オンライン指導のみ 家庭教師 on 2018年10月3日 の回答

ありがとうございます!!

on 2018年10月3日.
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは家庭教師をしています

Hi, I'm Yoshimitsu. Please call me Yoshi. こんにちは、ヨシミツと言います。ヨッシーと呼んでくださいね。 I've been a private tutor since 2014. 2014年から家庭教師をしています。 I'm kind an...

any of that₁ that₂ you like にはならないのか?ということですよね。that₂の方が省略されて、any of that₁ you likeの形はどうなのか、という事なのかなと思って考えてみます。



まずany ofについて。any ofは「後ろに代名詞、冠詞、所有格、指示詞」を伴う時に使います。

意味としては「どんな〜でも」のような意味です。

any of them(代名詞them)

any of the books(定冠詞the)

any of their books(所有格their)

any of these books(指示詞these)

だから

any themは誤り

any the booksは誤り

any their booksは誤り

any these booksは誤り

となります。



これを踏まえるとany of that₁ you likeのthat₁は指示代名詞としてのthatだと考えられます。

ではこのthat₁は何を言い換えたものだろうかと考えてみます。

thatは基本的に前述の名詞を言い換える、前述の文全体を言い換えるのが一般的かと思います。

文意を考えると、that₁が前述の文全体(There are 〜on the beach)を指すのは変なので、何かの名詞を言い換えたものだと考えられます。

文意を考えるとshellなのだろうと考えられます。



ですからany of the shell you likeの意味となるはずです。

ここで頭に入れておきたいのはthatは単数ですので、言い換えた言葉も単数です。ですのでthe shellsではなくてthe shellとなるはずです。



any of the shellは果たしてどんな意味になるかと考えると、「その貝(何か特定のもの1つ)についてどんなものでも」という意味になります。

the shellについてのありとあらゆること、という意味になってしまいます。

比較としてany of the shellsであれば「その貝(複数)ならどんなものでも」というように複数を前提としてそれらのどれでも良いという意味になるのです。

しかしany of the shellは貝1つにだけフォーカスを当てているので「その貝の1つにまつわるものでなんでも」という意味になります。

any of that(=the shell) you likeとは「あなたが好きな貝(1つ)にまつわるあらゆるもの」という意味になります。これは文意が破綻してると考えられます。



説明がくどくなりましたが、要は「意味がおかしい」ので誤りです。



千葉県 / 千葉駅 家庭教師 on 2018年10月4日 の回答
コメントする
  • この質問を見た人はこんな質問も見ています

  • あなたの回答

    プライバシーポリシー利用規約に同意して回答する