英語 未来形

【質問の答えについて】

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

回答

英語 未来形です。

2つの文について質問です‼️

それぞれ上の行が正答で→の後ろが私の答えになります。

この答えではダメなのでしょうか❓ダメなら訳も教えてくださると助かります。よろしくお願いします‼️

 

勉強レベル7 on 2018年8月20日 の質問 英語に関する質問.
コメントする
ベストアンサー

上の文では、byは確かに「〜までに」という訳になると教わりますからできそうな感じはしますよね。でもbyは前置詞なので文をそのまま持ってこれません。

なので、私たちがつくその時間(このthe timeはタイミング的なニュアンスです)までに、というようにして、byの後ろにthe timeを持ってきます。そうすると前置詞の後ろに名詞が来てつじつまが合いますね。

by the time S Vはよく使う表現ですので理屈も含めて覚えておくと便利です。

訳としては、私たちが着くまでにパーティー始まっちゃうよって感じです。



下の文では、duringとwhileの違いがポイントです。

まずwhileは接続詞なので文が来ます。この文では主節の主語とwhileの文の主語が同じですのでこのように〜ingで表しています。

duringは前置詞で、何か特定の期間の間を表します。例えば、夏休みだとかゴールデンウィークだとか会議だとか授業だとかです。

forも意味は似ていますが、これは1ヶ月だとか1年だとか、数字で表された期間にのみ用います。

during travelingも一見いいように思われますが、動名詞ではただ単に「travelすること」としか言い表せず、特定の期間を表せません。

そこで、while travelingにしたり、duringを使いたいならduring the travelとでもして、特定の期間を表せるようにするのが正解です。

on 2018年8月21日 の回答
コメントする

下は微妙ですが、

上はbyは前置詞で前置詞の後ろは名詞が来るのでダメだと思います!

on 2018年8月20日 の回答

補足で下は自信がないですがダメだと思います

duringはbyと同じ前置詞でこれだと旅行することの間になって変だと思います

答えの文はたぶんsとbe動詞の省略かと、、

on 2018年8月20日.

賛成! ですね。while he was travelingの「he was」が省略されてる。和訳だけ追加です。

「パーティは私たちが到着する時間までには、始まってしまっているだろう」

「彼は旅行の間、写真を撮っていた」

(talkingと書かれてますがtakingではないかと)

(during the travelだと正解でいいと思うけど)

(travelingにしてtakingと形を合わせてみたのが話し手の「気分」)

(旅行を「している間じゅう」、ずっと写真を「撮ってばかり」いた)

on 2018年8月20日.
コメントする

下の文の訳は

彼は旅行中写真撮ってたって感じです。

on 2018年8月21日 の回答
コメントする

色んな方々が答えてくれてる中でとても細かい指摘(というより補足)になってしまいとても申し訳ないのですが、travelは基本的に動詞で使います。名詞の意味も有りますが、travelは不可算名詞かつ「旅行」という意味で言う時にはとても一般化された「旅行」を指して、あまり具体的な旅行について言及するものではないのでthe travelとはおそらく言いません。

もし個人的な旅行について言いたい時は複数形の形のtravelsを使います。このときは大体one’s travelsの形で使います。

ですからduring his travelsなどになるかなと思います(言うかどうかは別として)

travelsは複数形のイメージのように色んな場所を巡るようなガッツリした旅行のイメージなので、文脈によってはダメかもしれません。



なのでこんな小難しいことを考えずに、名詞の「旅行」を意味するtripなどを用いて、during the tripなどとしてあげれば何の問題も無いかなと思います。



質問の本題から逸れてしまった気がします、申し訳ないです。

家庭教師 on 2018年8月22日 の回答
コメントする

☆(1)を理解するための前提知識

・byとby the timeの共通点は、①副詞のカタマリを作る②「~するまでに」という意味合いがあります。

違いは、byの後ろに来る語句が名詞一語(前置詞の特徴)、by the timeがくる場合は、SVが後ろに来ます。

・接続詞の部分を書き換えるときは、以下のパターンです(今回はもう一つのパターンが出てこないので、割愛します)。

接続詞 ⇔ 前置詞

主格   ⇔ 所有格

V       ⇔ Ving(動名詞)

☆(1)に対する解答

(1)の中で、SVと後ろに来る場合は、「by the time」を使いましょう。

どうしても、byを使う場合は、「by our  traveling」だと思います。

☆(2)を理解するための前提知識

・during ~ 「~までずっと続く」、前置詞(後ろに名詞がきて、形容詞or副詞のカタマリを作る)

・while ~ 二つの出来事を比べる。、接続詞(後ろにSVがきて、名詞or副詞のカタマリを作る)

→①同じ時期の出来事を比べる場合(~している間に)

②異なるものを比べる場合(~である一方)を表します。

 

☆(2)に対する答え

この場合は、「彼が写真のことについて話していること」と、「彼が旅行に行ったこと」について比較しているわけではありません。おそらく、「旅行にずっと行った」写真というイメージのほうが強いと思います。

on 2018年8月23日 の回答

Englineerさん、annaさん、馬込さん、堀田さん、sakurabaさん、丁寧な回答本当にありがとうございます😊

詳しく仕組みを説明してくださり、とてもわかりやすかったです‼️

お礼をするのが遅れてすみませんでした💦

本当に助かりました‼️

on 2018年8月25日.
コメントする

この質問は解決済みです