ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

英語レベル別問題集 問4

問4番の問題です。答えは④です。

①は原因理由を表す副詞節とあるのですがどういうことでしょうか?

また④は同格のthatらしいのですが同格のthatは
名詞thatSVで④のthatの前にあるgoodは名詞ではないですよね?

なのでどうして同格になるのかがわからないです。
回答お願いします🙇‍♀️🙇‍♀️



英語レベル別問題集 問4 英語レベル別問題集 問4 英語レベル別問題集 問4

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
問題文の(D)は問題文が長くて少し分かりづらいですが

evidence ⇔ that modern human existed〜

という、いわゆる同格の関係にあります。

「modern human existed〜というevidence(根拠)」です。

④も少し分かりづらいかもしれないですが

The chances ⇔ that he'll be promoted

という同格の関係です。

「he'll be promotedというchances(見込み、可能性)」です。

問題文の(D)も④もそうですが、必ずしも直前の言葉が同格を表すわけではなく、言葉の流れやテンポの結果、離れた位置になることもあります。



①については例えば

glad, happy, sad, pleasedなど、感情を表す言葉に伴うthatで「(that以下の内容を理由として)嬉しい、悲しいなど」を表すということです。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

よっしー
オンライン家庭教師

自己紹介

こんにちは、家庭教師のよっしーです。 よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしていま...

合格実績

合格実績に関してはそれらは生徒の実績であって私の実績ではないと思っています。 なのでこれまでの合格実...
  • 回答ありがとうございます😊

    同格のthatについてですが、修飾されている名詞の探し方のコツというのはあるのでしょうか?(D)の文のように長い場合先生はどうお探しになっているのでしょうか?

    回答お願いします🙇‍♀️🙇‍♀️💦💦

    1年前
  • コツと言えるのか分からないですが、私の場合は同格のthat節を伴う言葉というのがある程度頭に入っているから分かるという感じです。まあ読むときに「このthatは同格のthatだ」と思いながら読んだらはしてないのですが。

    私も全ての単語を知っているわけでも覚えているわけでもないのですが、that節が同格というのは「〜という」という何か内容を具体的に説明するときに使うものです。ですから何か具体的な内容を説明したくなるような単語に良く付随しているのです。

    evidenceやchanceも「どんなevidence?どんなchance?」とその内容を説明したくなる単語です。

    あとは例えばfact(事実)やnews(知らせ)、opinion(意見)やidea(考え)、possibility(可能性)やsuggestion(提案)など、これらは挙げればキリがないですがどれも「〜という」内容を伴いたくなる単語です。

    私の頭の中に無い単語だとしても結局「thatは何か単語の内容を説明している」という知識が頭にあると単語との結びつきは推測出来ます。

    ですから「同格のthat節は『〜という』という内容を説明するもの」だと頭に入れておけば「ということはこの単語の説明をしているのかな」と察しがつくようになるとは思います。

    1年前

    よっしー

    オンライン家庭教師
  • あとは離れた単語を修飾してることもある、ということを頭に入れておくだけでも察することができることは多いと思いますよ。

    1年前

    よっしー

    オンライン家庭教師
  • なるほど✨あとに説明の補足を伴いがちな単語が多いんですね

    離れた単語を修飾するという事を知らなかったのでしっかり頭に入れておきたいと思います!

    回答ありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る