ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

英語 396

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

画像は整序問題の答えです。


be blind to AでAに気がつかないとの意味を表すようですが、この問題ではBe動詞が省略されています。なぜ省略されているのですが?


解答よろしくお願いします🙇‍♂️🙇‍♂️💦💦


おかだ さんの質問 勉強レベル9
2か月前
  • blind to his own faults は a man を修飾する形容詞句です。a man の後に is が入ると faults の後の is と併せて動詞が 2つになってしまうので、文として成り立ちません。この英文は、

    a man blind to his own faults :主語S

    is :動詞V

    apt :補語C

    のSVC構文ですね。

    2か月前

    よねりょう

    個人家庭教師
  • わざわざ解答ありがとうございます😊

    勉強になります✨✨

    2か月前

回答(1件)

ベストアンサー

形容詞の後置修飾です。


a large basket full of flowers

(花がいっぱい入った大きなカゴ)

→basketをfull of flowersが後ろから修飾


wine and cheese famous all over the world

(世界的に有名なワインとチーズ)

→wine and cheeseをfamous all over the worldが後ろから修飾


a man blind to his own faults

(自分自身の欠点に気づかない人)

→manをblind to his own faultsが後ろから修飾



個人家庭教師
よっしー 個人家庭教師 千葉県/千葉駅 2か月前
  • よっしー先生いつもお忙しい中解答ありがとうございます😊😊

    追加で質問したいのですが、実を言うと形容詞の後置修飾というものがよくわからないのです💦💦

    例えば、

    a large basket which is full of flowers

    a man who is blind to his own faults

    みたいな修飾のされ方をしていればわかるのですが、

    a man blind to his own faults のように何故関係代名詞でもないのに、名詞を真後ろから修飾できるのか分からないです。

    度々すいません🙇‍♂️💦


    2か月前
  • 後置修飾という考え方は何も形容詞だけに当てはまらず他にも大いに当てはまる考え方です。


    people【in Japan】:日本にいる人々(前置詞句)

    a dog【running in the park】:公園で走っている犬(現在分詞)

    a letter【written in English】:英語で書かれた手紙(過去分詞)

    something【to write with】:何か書くためのもの(不定詞)

    など

    形容詞の後置修飾に関しては【形容詞+前置詞句】のように形容詞が語群を作っているときに後置修飾が起きます。もちろん他にもいくつか後置修飾が起きるパターンもありますが、挙げるときりがないのです。

    a song【familiar to a lot of people】:多くの人に知られている曲

    など


    何故関係代名詞でもないのに、名詞を真後ろから修飾できるのか分からないです。

    むしろ何故関係代名詞しか後置修飾出来ないと思ってしまったのか分からないのですが、日本語は基本的に前置修飾なのに対して英語は後置修飾の考え方も重要なものだといえます。


    2か月前

    よっしー

    個人家庭教師
  • お忙しい中解答ありがとうございました🙇‍♂️💦

    1か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています