ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

細胞破砕後の手法の使用順序

【質問の答えについて】

この質問の答えはわかりません。

よろしくお願いいたします。


ミトコンドリア膜に含まれるタンパク質を効率よく集めて同定したい。

細胞破砕後の手法の使用順序として正しいのはどれか。


A.分画遠心→タンパク質可溶化→密度勾配遠心→XMR

B.分画遠心→タンパク質可溶化→液体クロマトグラフィー→タンデム質量分析

C.密度勾配遠心→タンパク質可溶化→等電点電気泳動→X線回析

D.タンパク質可溶化→密度勾配遠心→二次元電気泳動→X線回析

E.タンパク質可溶化→分画遠心→二次元電気泳動→タンデム質量分析

askmor さんの質問 勉強レベル1
2週間前

回答0件

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています