ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

紫式部日記 古文ワーク28

紫式部日記 古文ワーク28です。

本文、赤線部分について
せ•••なぜ尊敬ではなく使役なのですか。また、使役の対 象は何ですか?

らむ•••なぜ現在推量ではなく現在の原因推量なのですか?

解説お願いします。



紫式部日記 古文ワーク28 紫式部日記 古文ワーク28

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
マゴメ先生
先生
先生 の回答 1年前
「御随身」=「部下」に花を折らせて几帳の上からちょっと出すようにさせた。



「らむ」の現在推量ってその場で目に見えないものじゃないですか。

「奥山に花の散るらむ」だと(ここからは見えないけど)散っているだろう。

でも目の前にあるのは「推量」で訳しちゃうとおかしいと。

「久方の光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ」と一緒。

(目の前にある花が)「どうして」散っちゃうんだろう、と。



本文中の和歌は花が「目の前にある」から原因推量。

「花自身の心によって」っていうのが原因ぽい訳し方。

ただ、この歌の場合自然にそういうふうに「原因推量」ぽく訳しちゃうので、

推量だろうが原因推量だろうが気にしなくていい感じです。
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る