ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

粒子の数と物質量

【質問の答えについて】

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

粒子の数と物質量です。

なぜこの途中式とこの答えになるのか分からないです。



しろっペ さんの質問 勉強レベル2
7か月前

回答3件

CaCl2の1molにはCa2+が1molあるのは分かりますか?

CaCl2の3molにはCa2+が3molあることになります。

1mol=6.0×10^23個

なので、Ca2+は

3×6.0×10^23個

あります。
tamu 愛媛県/道後温泉駅 7か月前
ベストアンサー
  • ありがとうございます!!
    7か月前

    Internet Explorerでは質問、回答、コメントの入力に不具合が発生する可能性がございます。
    もし入力に不具合がございましたら、申し訳ありませんが、別のブラウザをご利用くださいませ。

    推奨ブラウザ:Google Chrome

コメントを入力
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

解説を、式より推測します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●CaCl₂→Ca²⁺+2Cl⁻ より

【CaCl₂】1mol に対して、【Ca²⁺】1mol ,【Cl⁻】2mol ができることがわかり、

【CaCl₂】3mol あるので、【Ca²⁺】3mol ,【Cl⁻】6mol

●1molにつき、(6.0×10²³)個あることから

【Ca²⁺】(3mol)の数は、(6.0×10²³)×3=18×10²³=1.8×10²⁴個

★同様にして、【Cl⁻】も考えられるが、

【Ca²⁺】と【Cl⁻】のモル比が1:2・・・2倍 を利用して

【Ca²⁺】(6mol)の数は、(1.8×10²⁴)×2=3.6×10²⁴個

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という感じだと思います。

村上 7か月前


小さな原子、分子は個数で反応します

しかし人間では個数を測れません

そこで何個かセットで考えればいいじゃん!と作られたのがmol(物質量)



1個と2個が反応して1個になる

なら、6個と12個が反応すれば、6個になる

6.0×10^23個と12×10^23個が反応すれば…

めんどくさい!

セットで1molと2molが反応して1molになる!



こうすると原子毎に1molあると何g?と調べると

人間のはかることのできるグラム数で何個あるかわかるようになるのです
ふくちゃん 神奈川県/妙蓮寺駅 7か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
ふくちゃん
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています