ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

算数検定7級 正多角形と円

算数検定7級 正多角形と円です。

解説の意味が分かりません。
教えてください!



算数検定7級 正多角形と円

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
遠回しな表現なので、わかりづらいのかもしれませんね!



直径× 円周率(3.14)=円周

というのは公式ですので暗記してください。



この解説では、

「移項」という解き方が使われています。

まず「移項」について説明します。



例えば、

2×3=6 という式があるとします。

「×3」を右の式に移動させる時、

「=」を飛び越えて 「÷3」 となります。

そうすると式は、

2=6÷3 となります。



この変化のことを、「移項」といいます。



本題に戻りますと、

直径×円周率=円周 という式があります。

「×円周率」を移項して「=」を飛び越えると、

「÷円周率」となります。

したがって、

直径=円周÷円周率 となります。



わかりづらい部分があれば、ご返信ください!



  • 返信が遅くなり申し訳ありません…

    ありがとうございます!

    公式は覚えてしまいますね。

    またよろしくお願いいたします!!

    1年前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る