ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

等加速度直線運動

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

これの2番、グラフではなく、等加速度直線運動の公式?みたいなのを使って解ける方法ってありますか?
Hikari さんの質問 勉強レベル4
3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんにちは!


はい、あります。

というよりは、解説の計算方法自体がすでに等加速度運動の公式を用いているようなものです。

どうしても公式をそのままの形で使いたいのであれば、加速度を a 、時刻を t とすると

L = (1/2) x a x t^2

となりますが、解説の式は

L = (1/2) x a x t^2 = (1/2) x t x at = (1/2) x 40 x (0.5x40) = (1/2) x 40 x 20

となっており、結局等加速度運動の公式と同じです。


等加速度運動の公式は、グラフの三角形の面積を求めているのと同じことだと、理解してくれたら幸いです。

  • 本当ですね!

    びっくりしました。

    ありがとうございました┏○ペコッ

    3か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(40件)

問題集・参考書の情報

数研出版
  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    図は,電車がA駅を出てから直線状線路を通ってB駅に着くまでの,速さと時間 の関係を示すグラフである。 (1) A駅を出てからB駅に着くまでの,加速度と経 過時間の関係を示すグラフ(a-t 図)をつくれ。 (2) A駅を出てから40 秒間に進んだ距離は何mか。 (3) A駅とB駅の距離は何 か。 20 10 (m/s) 100 150 40 時間(s) 翻ひーt図の傾きは加速度を表し, グラフがt軸と囲む 圏(1) ひーt図の直線の傾きから加速度を求める。 面積は移動距離を表す。 加 0.50 0 40s =0.50 m/s2 40 時間 150 (s) 100 40~100s:0m/s? (等速直線運動) (m/s2) 40 =-0.40m/s? 答えは右図 50 -0.40 100~150s: (2) 0秒から 40 秒までのグラフが1軸と囲む面積を POINT -X 40 x 20= 4.0 X 102m 求めて v-t 図の傾き →加速度 (3) (2)と同様にして v-t 図の面積 移動距離 x(60+150) x 20=2.1x10'm C S

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する