ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

確率の分子について

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

確率の分子についてです。

大問1の(2)についてです。

事象の成立についてはわかるのですが、ペンで示した所が何故×2なのかが分かりません。

また6C2は6個の中から数字を2つ選んだという考え方で合っていますでしょうか?

どなたかよろしくお願い致します。



確率の分子について 確率の分子について
🐳あざらしP🐳 さんの質問 勉強レベル2
3か月前

回答(1件)

ベストアンサー
それぞれについて分解して考えてみると見えてくると思います。

6C2については、その通りです。6個の数のうち、2個を選ぶのは

(1,2)~(5,6)の15通りあります。



そのうち、例えば(1,2)のときに、どちらが2回出て表になるかで

2通りあります。【×2の意味はコレですね】



最後に、裏になるものが何回目になるのか、で3通りあります。



以上から、この場合は、15×2×3=90通りありますね。
個人家庭教師
農場長 個人家庭教師 鹿児島県/鹿児島中央駅 3か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
農場長
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています