ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

生物 抑制シナプス 興奮シナプス

【質問の答えについて】

この質問の答えはわかりません。

今回の質問は問題の答えではなく、図の4の抑制シナプスと興奮シナプスについての仕組みについて聞きたかったので、問題等は省きました。図の4に関することは簡単に書きます。
カエルは蛇に対して回避行動、小さな虫に対しては対向行動をしまします。図の4のP領域は回避行動に関して、T領域は対向行動に関しての領域です。
A〜Cのうち、Aだけは抑制性ニューロンです。BとCは興奮性シナプスです。
蛇の動きによる興奮は二種類のニューロンによってP領域とT領域の両方に達する。P領域に達した興奮は、興奮性ニューロンBに伝達されることで、回避行動を引き起こす。しかしこれと同時にP領域に達した興奮が抑制性ニューロンAに伝達されることで興奮性ニューロンCの興奮を抑制し、T領域の直接達する興奮が興奮性ニューロンCを興奮させるのを阻害するので、対向行動は起こらない。
小さな動きにによる興奮は.、T領域の興奮性ニューロンCに伝達されることで、対向行動を引き起こす。

自分がわからないところは、
もし仮にA〜C全てが興奮性シナプスだった場合、
蛇の動きによる興奮がP領域のAを通過した興奮はそのあとどのようになるのですか??
蛇だと回避行動、小さな虫だと対向行動という決まりがあるので、蛇の動きによる興奮がAを通過したとき、そもそも抑制ホルモンなしでもT領域(対向行動)は通らないのでは??
またAが興奮性シナプスだったとき、T領域が抑制されないので、蛇の動きによる興奮がT領域を通過して対向行動を起こす??ということですか??



ぺい さんの質問 勉強レベル8
6か月前
  • 返信有難うございます。まだ分からないところがあるので追加させていただきます。

    文章で質問すると少し分かりにくいと思いますが、すみません。



    今回は蛇による興奮と小さな虫による興奮の二種類の興奮がありますが、それぞれ異なる興奮であるのに、どうして同じ領域を通過することができるのでしょうか??

    それとも興奮では区別しないものなのでしょうか??

    T領域は回避行動の領域で、蛇の興奮しか通らない。Pの領域は小さな虫の興奮しか通らない。と自分は解釈してますが、どのような仕組みなのでしょうか?

    また抑制性ニューロンだとclマイナスが後ニューロンに入り込むことで伝達が伝わりますが、そのあとclマイナスはどこに行くのですか??

    今回でいうと、clマイナスが流れ込むのはAの細胞体かそれともCの細胞体。どちらでしょうか??

    6か月前

    Internet Explorerでは質問、回答、コメントの入力に不具合が発生する可能性がございます。
    もし入力に不具合がございましたら、申し訳ありませんが、別のブラウザをご利用くださいませ。

    推奨ブラウザ:Google Chrome

  • ごちゃごちゃした質問をしてすみません。

    例えば、上の図だと



    上側は蛇のみ、下側は蛇と小さな虫の二つの興奮ですが、この条件を変えて考えます。

    上側に蛇と小さな虫の興奮、下側に蛇の興奮とした場合、下側からは蛇の興奮がT領域に伝わりますが、Tはあくまで小さな虫の興奮を受け入れるところなので、蛇の興奮はTを通過しないと思うのですが、自分の考え方はただしいですか??



    長々と質問してすみません。

    蛇の興奮は絶対P領域しか通らず、T領域に到達すると抑制などしなくても、もともとTには入れない。小さな虫の興奮は絶対Tしか通れず、Pの領域を通過しようとしても通れない。というように、それぞれの興奮に特異性があるのかということです。

    よろしくお願いします。
    6か月前

    Internet Explorerでは質問、回答、コメントの入力に不具合が発生する可能性がございます。
    もし入力に不具合がございましたら、申し訳ありませんが、別のブラウザをご利用くださいませ。

    推奨ブラウザ:Google Chrome

コメントを入力

回答3件

蛇だと回避行動、小さな虫だと対向行動という決まりの理由を説明している図なので、蛇の動きではT領域を通らないというのは、原因と結果が逆です。

Aが興奮性ならT領域のCに興奮が伝わるので、対向行動も回避行動もとることになると思います。(そんなことあるのか分かりませんが)
tamu 愛媛県/道後温泉駅 6か月前
ベストアンサー
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

正確な事は分かりませんが、例えば下のニューロンは何かの動きに対して興奮するなら、小さな虫の動きにもヘビの動きにも興奮してもおかしくありません。



> T領域は回避行動の領域で、蛇の興奮しか通らない。Pの領域は小さな虫の興奮しか通らない。と自分は解釈してますが、どのような仕組みなのでしょうか?



TとPは逆ですかね?

T領域は小さな虫の興奮しか通らないわけではありません。

ヘビの興奮はA,B,Cに伝わりますが、AニューロンはCを抑制するので結局Bニューロンによる回避行動を行います。



> 上側に蛇と小さな虫の興奮、下側に蛇の興奮とした場合

ヘビに対して回避行動をとるのは同じです。

小さな虫に対してはA,Bに興奮が伝わり、AはCを抑制するので、回避行動を行います。



それぞれの領域が各興奮に対して特異性があるのではなく、興奮したニューロンの組み合わせでそれぞれの領域の活性が決まります。

tamu 愛媛県/道後温泉駅 5か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

また抑制性ニューロンだとclマイナスが後ニューロンに入り込むことで伝達が伝わりますが、そのあとclマイナスはどこに行くのですか??今回でいうと、clマイナスが流れ込むのはAの細胞体かそれともCの細胞体。どちらでしょうか??Cl-はCの細胞体に流れ込みます。結果Cが過分極となり、興奮が抑制されます。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/抑制性シナプス

生理機能を参考に
tamu 愛媛県/道後温泉駅 5か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています