ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

生物基礎 遺伝子

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

生物基礎遺伝子です。


問5についてです。

解説に、「DNAの塩基3つでアミノ酸1つを指定しているので、問4で求めたタンパク質1つあたりのヌクレオチド対の数を3で割って」とあるのですが、問4で求めたのは、mRNAが平均でいくつのヌクレオチドからできているか、というものです。1つのmRNAから1つのタンパク質ができるということなのでしょうか?


unooo さんの質問 勉強レベル6
3か月前
  • また、問4は、このDNAから3000種類のタンパク質が1つずつ作られるということですか?

    3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

>1つのmRNAから1つのタンパク質ができるということなのでしょうか?

>また、問4は、このDNAから3000種類のタンパク質が1つずつ作られるということですか?


どちらもその考え方であってます。

分かりやすいかどうか自信がありませんが、たとえてみると、DNAは大量の(3000種の)タンパク質を作るためのレシピ集のようなものです。

転写によって、そのレシピ集の中から必要なタンパク質を作るための部分だけをコピーして(この時できたコピーがmRNA)、そのコピーであるmRNAをもとにして、翻訳によってタンパク質を作っているという感じだと思ったらよいと思います。

あなたがベストアンサーに選んだ
山根 悟
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(5件)

問題集・参考書の情報

第一学習社
  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    間2.大腸菌の遺伝子数から全アミノ酸数を計算しさらに翻訳領域の塩基対数を求める。 計算 フ40.塩基の割合と DNA■次の文章を読み,下の各問いに答えよ。 ある細菌の DNA の分子量は2.97×10°で、アデニンの割合が31%である。このDNAか ら3000種類のタンパク質が合成される。ただし、1ヌクレオチド対の平均分子量を660, タ ンパク質中のアミノ酸の平均分子量を110とし、塩基配列のすべてがタンパク質のアミノ 酸情報として使われると考える。また、ヌクレオチド対10個分のDNA の長さを3.4nm とする。(1nm==10-°m)また, ウイルスには,いろいろな核酸を遺伝物質としてもつもの がある。なお,答えは有効数字2桁まで求めよ。 問1.この DNAに含まれるグアニンとチミンの割合をそれぞれ記せ。 問2.この DNA は何個のヌクレオチド対からできているか。 問3.この細菌のDNA の全長はいくらになると考えられるか。 問4.この DNA からつくられるMRNA (伝令RNA)は,平均何個のヌクレオチドからで きているか。 問5.合成されたタンパク質の平均分子量はいくらか...

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する