理想気体 実在気体

理想気体と実在気体について質問です。

図のように、理想気体と実在気体のグラフがあり、実在気体ABC に当てはまるものをCO2  CH4  H2から選べ、という問題がありました。

解説には「分子量が多いほど分子間力が強く働き、体積が小さくなるので理想気体からのズレが大きくなる。」とありました。」

「体積が小さくなるので」までは分かるのですが、それがなぜ「ズレが大きくなる」に繋がるのかがわかりません。

体積が小さくなるということは、理想気体の定義、「体積がない」に近づくのではないのですか。

よろしくお願いします。

 

生徒会長 (Lv 4) on 2018年1月1日 の質問 化学に関する質問.