質問
国語 の問題でわからないところの質問です

現代文です。 問六、問七について質問です。 問七→正答…従来のメデ〜伴っていた □3、...

現代文です。 問六、問七について質問です。 問七→正答…従来のメデ〜伴っていた □3、8行目 私の誤答…情報発信の〜されている □3.1行目 問六→正答…しかし、イ〜すぎない。 誤答…さまざまな〜あふれる。 なぜこれらの解答がダメなのか教えてください‼よろしくお願いします

国語のお悩みに オンライン家庭教師 が解説しました!

マゴメ先生
オンライン家庭教師って?

先生の解説

問七 出題者の出題の仕方が微妙に卑怯ですね。 「少数たらざるを得なかった」のすぐ上に「構造上」とありますから、 「どういう構造になっているわけ?」という説明がないとダメなわけです。 (つまり、わざと「構造上」って言葉を外して出題している)。 「メディア形態の技術的制約〜」だと構造の説明になってないですし、 傍線部の主語にあたる「発信者数」に触れてないからダメです。 この主語をもとに「発信者数が少ない構造上の理由」を探せば、 「編集者らによる〜」っていう正答部分は見つけやすいはず。 問六 「さまざまな〜あふれる。」がダメな理由は、 傍線部の「誰もが著者になる」という「主語=述語」部分が合っていないですし、 (少し違うくらいならセーフだけど離れすぎ)、 「簡単に」という言葉を置き換えていないから。 正答も「しかし」なんて入っているから「ちょっと迷う」ところですけどね。 ただ「簡単に」という部分を「二、三のキー操作の差にすぎない」と、 ちゃんと置き換えている。 次の文も「落差がほとんど存在しない」だし、 さらにその次の文も「短絡」で同じく置き換えているんだけど、 一番具体的に書いてあるから、ここでしょうがないかなと。 「しょうがない」っていうのは、 普通の出題者は「逆にする」と思うからです。 正答部分を問題にして、 「この部分について、これを作者はどういう構造であると述べていますか。20字以内で抜き出せ」 →「誰でもが簡単に<著者>となりうる構造」 と答えさせる問題の方が多いと思います。

解説をしてくれた先生はこの方

マゴメ オンライン家庭教師

合格実績/指導実績

お茶の水女子大学 早稲田大学 慶應義塾大学 明治大学

予備校3年 市進10年 四谷大塚10年 家庭教師10年 ■中学 麻布:お茶の水女子大付属:海城:広尾:東邦大東邦:鹿児島ラサールなど(家庭教師・進学先重複なし) 首都圏私立中学多数(塾講師時代) ■高校 塾講師時代・首都圏の高校全般:開成:慶應女子:早大学院:東葛飾:船橋:渋幕など ■大学 日本医大:慶應医学部:早稲田社会科学:Juniata College:明治など (家庭教師・進学先重複なし) 予備校3年 市進10年 四谷大塚10年 家庭教師10年 ■中学 麻布:お茶の水女子大付属:海城:広尾:東邦大東邦:鹿児...

オンライン家庭教師とは?

マンツーマンでオンライン指導!

マンツーマンで指導!

1対1でのオンライン指導を受けられます。
一斉講義や映像授業よりも丁寧な、対面指導と変わらない指導です。

全国どこからでもOK!

全国どこからでもOK!

オンライン指導だから全国どこからでも受講OK!
お住まいの地域に関係なく探せるから、相性の良い先生が見つかります。

日々のサポートもお任せ!

指導だけじゃない!

決まった日に決まった時間だけの指導ではありません!
勉強計画や質問への回答といったサポートを受けられます。

他の質問・回答も見る