ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

現代文 ものと言葉

現代文 ものと言葉です。

3番について質問です!

この解答だと、主語が「素材としての世界」なのですが、本文を読むと、『素材世界に区切りを作っていく力』を持っているのは、言葉、ではないのかと思ってしまいます。

それとも解釈の仕方が違うのでしょうか…❓汗

すみませんが解説してほしいです💦よろしくおねがいします‼



現代文 ものと言葉

現代文 ものと言葉

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
「素材としての世界は混沌として切れ目のないものであるが、」
までは「素材としての世界」が主語です。

「それを人間にとって〜区切りを作っていく力があるということ。」
までは「言葉」が主語だと考えられます。

なので、
「素材としての世界は混沌として切れ目のないものであるが、(言葉には)それ(=素材としての世界)を有意義と思われる仕方で〜作っていく力があること。」
と補ってやると分かりやすくなるかと思います。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

よっしー
オンライン家庭教師

自己紹介

こんにちは、家庭教師のよっしーです。 よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしていま...

合格実績

合格実績に関してはそれらは生徒の実績であって私の実績ではないと思っています。 なのでこれまでの合格実...
  • 丁寧に説明してくださりありがとうございます😊

    テスト前なので本当に助かりました‼️

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんはオンライン家庭教師をしています

解釈は、あってると思います。

その解釈でいくと、

「言葉は、混沌として区切りのない素材としての世界に、人間にとって有意義と思われるやりかたで文節化し分類することで、あたかもそのものやこと、性質があるように見せるように区切りを作っていく力をもっている」

という答えになると思います。

これを簡単に説明すると、「『あのひとはゆうめいなひとだったけどいまはそうでもない 』という文はただの記号として見ると、どこで区切れるかわかんないよね、でも、私たちは、これを頭の中で自分勝手に単語とか、文節とかで区切ってるから分かるよー。この頭の中で自分勝手に区切ってるのは言葉を知っているからなんだねー。例えば、日本の言葉を知らない外国人とかが見たらどこで区切るかわかんないもん。言葉はただの記号でしかないけど、区切ることでその言葉がなにかのことやもの、性質を表しているように見えるんだね。」(ぶりっ子風)

ということです。

しかしここで聞かれているのは、「虚偽性を持っているとはどういうことか」とあることから、虚偽性の説明がメインになるように答えの文を書き換えればプリントにあるような答えになります。

強いて言うならば、プリントの答えの1番最初のとこに、「言葉には」を入れるとわかると思います!

長々とすみません。

他の質問・回答も見る