ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

現代文ワーク 淡い喜び 幸田文

質問の答えについて

この質問の答えはわかりません。

現代文ワーク 淡い喜び 幸田文です。

本文の波線部分について質問です。
① 5行目 「決心してしまうほかないことは…」
→よし江は何を決心しているのですか。

②26行目 「先生の弱気」と「あたしの強気」はそれぞれ具体的に何ですか。
③22行目 「もうよし江に、無駄なもの思いはない。」→なぜよし江はこのように思っているのですか。

もう一つ、設問について、問5について、解説を読んでもいまいちわからないので、解説お願いします。



現代文ワーク 淡い喜び 幸田文 現代文ワーク 淡い喜び 幸田文 現代文ワーク 淡い喜び 幸田文 現代文ワーク 淡い喜び 幸田文
K さんの質問 勉強レベル5
8か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
1:「腹立ちはやめて決心する」だから、

「怒りは自分のうちにしまってテキパキ仕事しよう」という決心。



2:患者を押し付けられた谷先生の弱気。

よし江も内心ではそういう状況に不満を持っているのだけど、

テキパキと片付けることに決めて行動しているので、

「私が細かいことは気にしてない強気なヤツみたいに見えるでしょアハハ」

という「相手の気分を先取りしたやや自虐気味の笑い」でした。



3:自分で思い悩まず行動しようと決めて、

やるべきことを聞いて動き出したのだから迷わずにやるべきことをやろうと。



問5

イの選択肢だと笑っている対象が「谷先生限定」になっちゃうからバツ。

「先生への愚痴を続けさせず、よし江も含めた状況を巻き込んで笑わせて、丸く収めている」から「オ」。
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています