ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
生徒
例題とそっくりとみなして

BH=R(外接円の半径と思いこんだ)

と置いたところです



演習問題のほうのHは外心ではない

(外心になる例題のほうが特殊)ので

別の問題とみなすことをお勧めします



  • 解決しました。ありがとうございます。(東京在住ですが数年前に呉に行きました。呉 の町大好きです。大和ミュージアム、てつのくじら館、あの軍港の雰囲気最高です。呉の海自で働くのが夢です。)  

    11か月前
  • ありがとうございます

    駅裏を観光されたのですね

    駅裏だけは賑わっていますw

    あとは気候がいいのとサウナが安いのが良いところです

    ただ最近は個人商店が激減してきて地区によってはかなり不便になってきています

    わかる範囲で情報提供しますので越して来られる頃には遠慮なく聞いてくださいね〜

    もちろん無料ですwww







    11か月前
  • 広島市内も観光しましたが、やはり、呉はしんみりとして趣き?がありますよね。

    追加で質問させてください。

    11か月前
  • 流れの自然さ重視で追ってみますね



    例えば点A(a,b)がy=f(x)上にある

    つまり b=f(a) が成り立つとしましょう

    x軸方向にp,y軸方向にq,平行移動したら

    y+r=f(x+s) …①

    になるとしましょう

    すると点(a+p,b+q)は①上にありますから

    x=a+p, y=b+q は①を満たす必要があります

    つまり b+q+r=f(a+p+s)

    どんな平行移動でも成り立つ必要があるので

    p,qに関し恒等的に成り立つ必要があります

    すると引き算で潰し合わせるために

    r=-q, s=-p…②

    としておけば移動後も釣り合いが取れます

    ②を①に代入すれば

    y-q=f(x-p)

    になることからどうでしょうか?

    11か月前
  • 返事遅くなってすみません。

    b+q+r=f(a+p+s) は、どんな平行移動でも成り立つわけではないのは何故ですか。 よろしくお願いいたします。

    11か月前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

基礎問 109 (B 62特殊な四面体 AB2+BC2=36+ 64 = 100 (2) CA2-100 9 AB+BC?=CA2 だから, △ABCは CA を斜辺とする直角三角形、 OA=OB=0C をみたす四面体OABC の点0から, △ARC を含む平面に下ろした垂線の足をHとする.このとき,次の間い A C (1)より, Hは△ABC の外心だから、 に答えよ。 V(1) Hは△ABC の外心であることを示せ. V(2) OA-OB=OC = 9, AB=6, BC=8, CA=10 OH の長さと四面体 OABC の体積Vを求めよ. B Hは斜辺 CA の中点に一致する. よって, OH=/92-52=2/14 のとき, また, △ABC-ー.6-8=24 2 1 AABC OH=16v/14 V= A 3 H 5 (1) 平面外の点から平面に垂線を下ろすとそ 精|講 の直線は, 平面上のすべての直線と垂直で 四面体の1つの頂点からでている3つの辺の長さが等 しいとき,その頂点から対面に下ろした垂線の足は, 対面の三角形の外心になっている ポイント す。 また, Hが△AB...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります