ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

物理学実験

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

(1)ものさしの相対誤差は理論誤差として扱って良いものですか?


先に分子の有効数字を二桁にしてから引き算を行って0%になるってことがなんとなく腑に落ちないです。



NextPen さんの質問 勉強レベル11
3か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

腑に落ちる程度の説明をします。

「誤差の有効数字」については考慮されましたか?


例えば測定値100で誤差±1と言われたら、普通は99~101の範囲を思い浮かべるでしょうが、誤差の有効数字が1桁しかありません。

±1は、有効数字が1桁なので実際には0.5~1.5くらいの誤差があるとみなされます。

これが、誤差±1.0なら、実際には0.95~1.05くらいの誤差だとみなされますし、誤差±1.00なら、実際には0.995~1.005くらいの誤差だとみなされます。


では、ものさしでの誤差の有効数字は何桁あるでしょう。

ノギスでは?

マイクロメーターでは?


こんな感じで納得していただけるでしょうか。

あなたがベストアンサーに選んだ
山根 悟
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています