ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

添削と関係副詞の文の作り方

添削と関係副詞の文の作り方です。

まず、2文目まで、の日本語文を書きます。
私は、英語を熱心に勉強するつもりまです。
私は中学校で、英語が得意ではありませんでした。

この後に、まだ使っていない関係副詞を使いたいのですが
どのような文を作って、どのように関係副詞を入れればいいのかが分かりません。
最初は、3文目に、
「だから私は英語が得意になるように家でも勉強するつもりです。」と書こうと思いましたが、この文では関係副詞は使えないのでしょうか。
もし使えるのなら、どのように文を組み立てるのでしょうか。
使えなかった場合、文全体の流れから、具体的にどのような内容の文をつくり、関係副詞を使ってどのように文を組み立てるのか、教えてもらえるとありがたいです。
長くなりましたが、よろしくお願いします。



添削と関係副詞の文の作り方
1年前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
うーんそうですね。

関係副詞には

時を表すwhen

場所を表すwhere

方法を表すhow

理由を表すwhy

があります。

「だから私は英語が得意になるように家でも勉強するつもりです。」

はおそらく関係副詞の使いようが無いかなと思います。



なので関係副詞は例えばwhyなどはどうでしょう?



whyは先行詞がreason(理由)の時に使いますが、

This is the reason why 〜

These are the reasons why〜

→これ/これらが〜な理由です。

という使い方がライティングなどでよく使われるフレーズです。



ですので例として最初の文を

I want to study English harder.

(私はもっと一生懸命英語を勉強したいです)



☆英語を勉強したい理由を1つや2つ書いて文を繋げてあげると良いと思います。



This is the reason why I want to study English harder.

(これが私がもっと一生懸命英語を勉強したい理由です)←理由がひとつのときはThis is(これが)



These are the reasons why I want to study harder.

(これらが私がもっと一生懸命英語を勉強したい理由です)←理由がふたつ以上ならThese are(これらが)



と繋げてあげるのも一つの書き方かなと思います。



他の関係副詞を使ったものなら

I want to go to the place where I can study English.

(私は英語を勉強出来るような場所に行ってみたい)

だとか

I want to learn how I can get better at English.

(私は英語が上達できるような方法を学びたい)

だとか

このようなフレーズなども使えるかなと思います。

私のフレーズも一つの参考にして自分の言葉で是非文を作ってみてください。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

よっしー
オンライン家庭教師

自己紹介

こんにちは、家庭教師のよっしーです。 よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしていま...

合格実績

合格実績に関してはそれらは生徒の実績であって私の実績ではないと思っています。 なのでこれまでの合格実...
  • ありがとうございます!

    理由を書く、whyはとても使いやすいと思いました。具体的な英語をいくつも教えてくださって、とても嬉しかったです!

    教えてくださった内容を使って、もう1回解いてみます!

    ありがとうございました

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る