ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

検流計

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

検流計です。


(2)について教えてください!

なぜS極も入るのですか?

答えはアとウです!

くりあじのくりーむ さんの質問 勉強レベル5
2か月前

回答(1件)

ベストアンサー

こんにちは!


検流計の針がふれるのは、コイルを通る磁力線の量が変化するためです。

磁力線量の変化を打ち消す方向に、電流が流れるのでした。詳しくは教科書等の「右手の法則」を参照してください!


磁力線の量が変化する原因は、「磁石との位置関係」にあります。

磁石からは、次図のように磁力線が出ています。

極付近では線の量が多くなるわけです。


以上の内容を元にすると、磁石を近づけたり遠ざけたりすることで、コイル内の磁力線の量が次図のように変化します。(黒色が変化前)

アでは下向きの磁力線が増加、ウでは上向きの磁力線が減少します。

これら2つは、「変化の仕方」という意味では同じといえますね!

これを打ち消す方向に電流が流れるので、結局アとウではいずれも検流計の針が右にふれる、というわけです。


また不明な点があったら、いつでも質問してください!

個別指導塾講師
林 俊介 個別指導塾講師 オンライン指導/ 2か月前
  • わざわざ図まで用意していただいてありがとうございます!

    すごくわかりやすかったです!

    2か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています