数III II B 式と曲線 図形と方程式 2017 島根大学

【質問の答えについて】

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

島根大学 2017 大問3の式と曲線の問題です。

(1)(2)は自力で解いて、解いた後よく考えたら(2)は(1)を利用して解くんだよなと気付いて、解答を見たら端的に書かれていたので、この私の解き方だとどれくらい減点されるのか教えていただきたいです。また、解き方に何か不備や注意点、論理の飛躍があれば教えて頂きたいです。
ちなみに(3)は全く手が出ず座標設定しか出来ていないんですが、自力で解きたいので答えは写メしたもののまだ読んでいないです。もし、余裕があればで良いので(3)のヒントの様なものを教えていただければ嬉しいです。

※数学がとても苦手なのでかなり基礎的な説明からして頂けると幸いです。

長文になりましたがよろしくお願いします。

 

コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは家庭教師をしています

どんな些細な質問にも丁寧に答えます。 ■最寄駅 道後温泉駅 ■勤務エリア 最寄り駅より1時間以内 オンライン指導も可 ■指導可能科目 算数, 数学(中学), 数学(高校), 数学(大学), 物理, 化学, 理科

ベストアンサー

(2)は③が異なる実数解を持つことを示した方が良いでしょう。

(1)を利用しなかったことによる減点は無いと思いますが、なるべくなら(1)を利用した解法の方が時間的にも良いです。



(3)

(2)と同様に2つの接線が直交するか確認していきます。

X≠±1,Y≠±2の時は、(2)の(2,1)を(X,Y)に置き換えて同じ議論ができます。

コメントする

この質問は解決済みです