数学I 正弦定理と余弦定理の応用

数学I 正弦定理と余弦定理の応用です。61番の(1)の答えがわかりません、もう少し詳しく計算部分を教えてください。

勉強レベル2 on 2018年1月11日 の質問 数学(高校)に関する質問.
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
white
さんは家庭教師をしています

ベストアンサー

計算部分を詳しく、ということなので、計算過程のほうも示させてもらいます。

良ければ参考にして下さい。

 

on 2018年1月13日 の回答
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
madreader
さんは家庭教師をしています

知恵袋でも回答してます。 教科は広く浅く全て応えられます。 「どうして勉強するのか」 その疑問にも応えていきます。 勉強の基礎と向き合う必要性や 解く粘り強さ、柔軟な考え方、 広くものごとを捉える勉強視点など 私ならアドバイスできるでしょう。 中、高、大と勉強の積み重ねが 進学先での飛躍と余裕を生み...

(1)は余弦定理の公式を

知らないと解けないですね。

三角形の辺をa,b,cとして

各辺の対角をA,B,Cとしたとき

a²=b²+c²-2bc×CosA となります。

式変形すると、

CosA=(b²+c²-2bc)/a²

とも書けますね。

式変形については下記サイトが

わかりやすいですよ↓

http://www24.atpages.jp/venvenkazuya/mathA/Agraphic7.php

 

三角形の3辺がわかると

1つの角度もわかるので

余弦定理はすごい便利です。

正弦定理は円の中に三角形がないと

使えないので、余弦定理よりかは

あまり問題にでないですね。

on 2018年1月12日 の回答
コメントする

この質問は解決済みです