ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

数学2

【質問の答えについて】

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

数学2です。

1度自分で考えて見たのですがどうしても解けない問題があったので1問でも教えていただければありがたいです。



ano さんの質問 勉強レベル3
7か月前

回答3件

14

x=-tとおくとt→∞で

(与式)=lim-t(√(t^2-8)-t)

=lim8t/(√(t^2-8)+t)

です。



20~26

微分の公式を使います。

{x^a}'=ax^(a-1)

{logx}'=1/x

積の微分

{f(x)g(x)}'=f'(x)g(x)+f(x)g'(x)

商の微分

{f(x)/g(x)}'=(f'(x)g(x)-f(x)g'(x))/g(x)^2

合成関数の微分

{f(g(x))}'=f'(g(x))g'(x)
tamu 愛媛県/道後温泉駅 7か月前
ベストアンサー
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

29

A

分母→0なので、極限値が存在するためには分子→0が必要です。



B

(√(4x^2-3x-6)-ax)

=x(√(4-3/x-6/x^2)-a)

です。

x→∞なので、極限値が存在するためには(√(4-3/x-6/x^2)-a)→0が必要です。



どちらも、aの候補がわかった後は有利化します。
tamu 愛媛県/道後温泉駅 7か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています