数学 数1関数

【質問の答えについて】

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

回答

数学 数1関数です。

ここの131番の問題なんですけどf(2008)=-f(2006)まではわかったんですけどここから「-」のの処理がわからないんです。

教えてください!お願いします。

答えは1です。

 

勉強レベル1 on 2018年8月10日 の質問 数学(高校)に関する質問.
コメントする
    ベストアンサー

    あまり自信は無いのですが・・・。

    f(2008)=-f(2006)=(-1)^2×f(2004)=(-1)^3×f(2002)=・・・=(-1)^n×f(2008-2n)

    n=1004を代入すると、f(2008)=(-1)^1004×f(0)=f(0)

    ここで、f(0)=20×0+1=1だから、f(2008)=1

    ではないでしょうか?

    勉強レベル17 on 2018年8月10日 の回答

    回答が綺麗で尊敬します!!

    on 2018年8月10日.

    なぜ(-1)^2、(-1)^3…となるのですか?

    on 2018年8月10日.

    f(2008)=-f(2006)であり、

    f(2006)=-f(2004)でもあると思うんです。

    下の式を上の式に代入すると、

    f(2008)=(-1)×(-f(2004))

    =(-1)^2×f(2004)になりませんか?

    この考えを繰り返したんです。

    on 2018年8月10日.
    コメントする

    xの範囲に注意して少し羅列してみます。

     

    f(0) = 1

    f(1) = 21

    f(2) = -f(0) = -1

    f(3) = -f(1) = -21

    f(4) = -f(2) = 1

    f(5) = -f(3) =21

     

    こうすると、法則が予測できます。

    さらに分けると

    f(0) = 1  ,  f(2) = -1  ,  f(4) = 1

    f(1) = 21  ,  f(3) = -21  ,  f(5) = 21

    これにより、f(x)は次のように考えることができます。

    xが偶数の時f(x)は1と-1を交互に繰り返す。

    xが奇数の時f(x)は21と-21を交互に繰り返す。

    2008は偶数なのでxが偶数の時に着目します。

    f(0) = 1  ,  f(2) = -1  ,  f(4) = 1  ,  f(6) = -1  ,  f(8) = 1  ,  f(10) = -1  ,  f(12) = 1  ,  f(14) = -1  ,  f(16) = 1

    となっていきます。これをさらに分けて

    f(0) = 1  ,  f(4) = 1  ,  f(8) = 1  ,  f(12) = 1  ,  f(16) = 1

    f(2) = -1  ,  f(6) = -1  ,  f(10) = -1  ,  f(14) = -1

    となっていることから、

    xが4の倍数の時 f(x) = 1

    xが4の倍数以外の偶数の時 f(x) = -1

    となります。

    2008 / 4 = 502 であることから2008は4の倍数なので

    f(2008) = 1

     

     

    わかりにくかったらコメントしてください♪

    勉強レベル9 on 2018年8月10日 の回答
    コメントする

    この質問は解決済みです