数学 中二 確率

【質問の答えについて】

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

数学 中二 確率です。

3 の(1)の求め方が分かりません💦

解き方教えて下さい。

 

コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは家庭教師をしています

自営業で学習塾を運営しています。 平日日中は小学校で非常勤講師として(主に低学年指導or算数指導)、外国人への日本語指導なども行っています。 指導歴は約20年。 近年は主に学力の低い中学生への数学指導、及び看護学校や准看護学校を受験する高校生や社会人の学習指導をメインで行っています。 中学生...

ベストアンサー

赤玉を①②、白玉を3456と名前を便宜上つけますね。

そうすると、2個の玉の取り出し方は

①②、①3、①4、①5、①6

②3、②4、②5、②6

34、35、36

45、46

56

で、合計15通りです。

 

「同時に取り出す」のですから、①②と取り出すのと②①と取り出すのは同じことですよね。

この場合、①②と②①はまったく同じ事象を表すので、「2通り」ではなく「1通り」のカウントです。

同様に、①3と3①も同じ。①4と4①も同じです。

 

じゃあ、①②と②①を「2通り」とカウントするときはどんなときか?

例えば、上記の問題で「取り出した玉を、取り出した順に左から並べる」などと書いてある場合です。

つまり「取り出した順序が関係する」場合。

よくあるのは「1~6までの数字カードから2枚取り出して、2桁の整数を作る」みたいなタイプです。

この場合は、①②と取り出すのと、②①と取り出すのでは、まったく意味が変わってきます。

だから①②で1通り、②①で1通り、とカウントします。

 

高校の数学では、①②と②①を「同じもの」とみなす場合の数を「組み合わせ」、

①②と②①を「異なるもの」とみなす場合の数を「順列」と呼びます。

ご参考まで。

コメントする

この質問は解決済みです