ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

数学微分

数学微分です。


⑴でx=tanθが成り立つ、のところが分かりません。


回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

こんにちは!


まず、x=tanθ ではなく x=tany です。

x=tany は、y=tanx の逆関数であるためです。

逆関数の定義を思い出しましょう!


とりあえず、簡潔にご回答しました。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

林 俊介
オンライン家庭教師

自己紹介

みなさん、こんにちは! 林 俊介 (はやし しゅんすけ)と申します。 ---------- 私の塾...

合格実績

合格実績のうち一部をお示しいたします! <中学受験> 女子学院中学校 豊島岡女子学園中学校 渋谷教...
  • 逆関数はxとy入れ替えるだけでもいいんですね。勝手にx=の形にしてから入れ替えないといけないものだと思っていました

    1年前
  • 1つ質問したいのですが、逆になぜ逆関数を求める時x=の形にしてから入れ替えるのがスタンダードなんですか?最初入れ替えてから式変形していっても大丈夫ですか?

    1年前
  • 連続関数の場合、狭義単調増加(or 減少)でないと逆関数が存在しません。

    例えば y=x^2 の定義域を全実数とすると、逆関数は存在しませんよね。


    x=... の形にするのは、ある y に対応する x が複数存在しないかどうかチェックする意味があるのです。

    その心配がない場合(その心配がないと書かれている or 証明した)、いきなり x と y を入れ替えてしまってOKです。

    1年前

    林 俊介

    オンライン家庭教師
  • 理解できました。ありがとうございます

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(265件)

問題集・参考書の情報

数研出版; 増補改訂版

他の質問・回答も見る