数学 場合分け

この問題で、(1)は、±で済むのに、(2)では、場合分けをしなければならない理由を教えてください

数学 場合分け

 

コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
kan
さんは家庭教師をしています

ベストアンサー

絶対値を含む方程式は基本的に場合分けするものです。なぜなら式の形が変わってしまうから(指針2行目)。(1)も場合分けして解いて構わないのですが答えが決まりきったものになる(指針5,6行目)ので±で済ませてるということです。

on 2018年4月16日 の回答
コメントする

この質問は解決済みです