得意教科の勉強法

得意教科ないんですけどね。

皆さんが1番得意な教科をどのように伸ばしたか聞かせて頂けると幸いです。教材名など。

勉強レベル3 on 2017年12月26日 の質問 その他に関する質問.

拙い質問にたくさんの回答ありがとうございました。

on 2018年1月8日.
コメントする
    ベストアンサー

    ojisanの言うとおり、

    得意科目の目的と規模にもよりますね。

    得意である定義が「点数」ならば、

    点を取るための勉強をするまでです。

    そして勉強の仕方は点数を取るテストの

    規模にも左右されます。

     

    たとえば、校内の中間・期末試験で

    得意・不得意を決めるなら

    授業中に先生が話したことを丸暗記すれば

    「必ず100点」とれます。

    現に私は授業と教科書を丸暗記する学生でした。

    しかし、受験や規模の大きい学園試験だと

    1科目の出題範囲は広がりますし、

    どの資料・文献を

    参考にすればいいかわかりません。

    そして誰が問題を作るか知らないので

    頻出問題の傾向もわかりません。

    対策のしようがない規模のテストですと、

    まさに実力が反映されますし

    本当の得意・不得意がわかるかもしれないですね。

     

     

    純粋に「好きな気持ち」だけでは

    得意とは言えないですが、科目の本当の魅力と

    良さ・特徴を知ってる人ほど、よく色んな問題を

    解けたりしますね。^^

    勉強レベル19 on 2017年12月29日 の回答

    人によって深く理系や文系を深める人もいますが、

    私の場合は学校方針の理由もあって、文系と理系を

    広く浅く勉強して学内順位だけは全教科オールマイティで

    一応トップでしたTT

    【自分の科目別の勉強法】

    歴史は国で一番偉い人を中心に出来事とストーリーを覚えました。

    歴史の教材は「一問一答」が効率良いですね。とくに歴史は

    教科書を鵜呑みにしないで電子辞書でも出来事を調べました。

    「自分に合ったわかりやすい解説」を読むのもいいですね。

    よく山川辞典やブリタニカ辞典をみてました。

     

    化学・物理は単位と法則(とその発見者)を覚えました。

    化学と物理は教科書と学校の問題集だけで十分でした。

    数学は実際に数字をあてはめて定理を理解して暗記しました。

    数学の教科書は実教出版でした。あと数研2級の教材も使いました。

    古典は活用型を見極める法則とストーリーを覚えて、

    ネット掲載の覚え方や見極め方を参考にしました。

    現代文は主人公の心境や筆者の伝えたい事を覚えました。

    現代文は教科書会社出版の問題集を解いたことがあります。

    英語は授業中の長文・文法・ストーリー・単語を丸暗記しました。

    英語について今振り返れば、品詞を中心に文法を覚えるともっと

    点数がとれたと思います。英文法についての教材はページ別に

    色分けされた本がいいです。付箋いらずで印象に残りやすかった

    のでオススメです。

    on 2017年12月29日.

    Madreaderさん新年あけましておめでとうございます。

    返信が遅れすいません。かなり細かく書かれておりMadreaderさんに共感する部分も多く。

    実際に学業がどれほど今後の社会に生かせられるのかはわからないですが、社会人になっても日々好きや・興味があるを探求している人は幸せそうですよね。

    今年もよろしくお願いします。

    on 2018年1月7日.

    明けましておめでとうございます。

    いつもojisanの素晴らしい回答を

    見させてもらってます。

    こちらもご返事に今気づきました。

    NoSchoolと質問者、

    周りの回答者の方のおかげもあって

    日々勉強するのが楽しいです!

    コメント下さりとても光栄です。

    ありがとうございます。

    ぜひ今年もよろしくお願いします。

    on 2018年1月20日.
    コメントする

    小学生の頃は定義だけ覚えて、IMOなどの問題をたくさん解いていた。
    問題を解いていると色が見えるようで面白く、楽しんでいた。

    小5あたりから大学数学を始めたが、今までの「問題を解く面白さ」の他に「数学の深さに触れていく面白さ」にひたすらハマっていた。
    中学生のうちに独学の限界を感じて、学部レベルで修了させた。

    高校生では競技数学や大学物理・化学などあらゆることをしていた。

    とにかく学問の面白さを楽しんで勉強していだと思う。

    勉強レベル20 on 2017年12月28日 の回答
    コメントする

    得意苦手

    好き嫌い

    得意だけど好きではなかったり、好きだけど苦手だったりってありますよね。

    一番伸ばす方法はまず好きになることではないでしょうか。

    好きになるってなかなか難しいですが・・笑

    得意でかつ好きになることがベストですね。好きこそものの上手なれですね。

    勉強レベル11 on 2017年12月27日 の回答
    コメントする

    質問に対しての回答になっていないのですが、得意科目を伸ばす目的によるかなと思います。

    純粋に点数を上げたいのであればどれだけ伸ばしてもテストが100点が最高点である以上、成績を上げることが目的なら得意科目は今のレベルを維持しつつ他の苦手科目の点数を伸ばすほうが良いかもしれません。

    逆に得意科目を純粋にもっと追求したいとのことであれば私の場合はそれは「興味」とか「もっと知りたい、学びたい」という気持ちが源泉でした。

    歴史が好きなので山川新書系は読んでいました。

    https://www.yamakawa.co.jp/general/mouichido

    勉強レベル10 on 2017年12月26日 の回答
    コメントする

    現役(高校)時代は英語が一番得意でした、全く好きではなかったですが(笑)

    10年くらい前の曖昧な記憶で良ければ

    私がやってた英語の勉強法は、ひたすら長文の構文解釈でした

    文章をSVOCMに分けて考えるのと、等位接続詞and、orが何と何を繋いでるか、この2点を特に意識してました

    長文が分からない原因は、文章の主語と動詞がどれなのかが分からないからだと思ってたからです(※単語力がある事前提)

    メインで使ってた教材は「リンガメタリカ」ってやつですね、いわゆる文章付き単語帳です

    これの文章を読んで構文解釈して訳して隣の日本語訳と見比べてーっていう作業を延々とやってました

    この本に限らず、読む文章はどんな教材でも良いと思います

    分からない単語・熟語が出てきたら紙の辞書で引いて調べて、ついでに印をつけておく、そして2回以上調べたものは別のノートにまとめる、なんてこともしてました

    私はこの方法で偏差値70くらいでしたが、人には適正があるので、誰しもこの方法で伸びるかは保証しかねます

    勉強レベル16 on 2017年12月27日 の回答
    コメントする

    この質問は解決済みです