式の変換について(Pmaxについて)

回答

式の変換です。

Pmaxについて解きたいです。

δB’の数値の中にもPmaxがあるのでうまく解けません。

右はBと置いてください。

式の変換について(Pmaxについて)

勉強レベル2 on 2017年11月11日 の質問 数学(大学)に関する質問.
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
fourierseries
さんは家庭教師をしています

多忙につき移動時間のみにしか見れていません。

ベストアンサー

H=hδA’とおけば、

Pa’=Pmax*H/(Pmax+H)を利用すると、

((δa’-δb’)+δa’)*Pa’=B

⇔(2δa’-(1/k)Pa’)*Pa’=B

⇔-(1/k)Pa’^2+2δa’Pa’=B

⇔2δa'(Pmax*H)(Pmax+H) – (1/k)(Pmax*H)^2 -B(Pmax+H)^2 =0

Pmax^2(2δa’*H -H^2/k -B)+ Pmax(2δa’H^2 -2BH) -BH^2=0

つまり、

Pmaxは

x^2(2δa’*H -H^2/k -B)+ x(2δa’H^2 -2BH) -BH^2=0

なるxを見つける事と同義です。

解の公式は

ax^2+bx+c=0の時に、

x={-b±(b^2-4ac)^(1/2)}/2a

ですから、同様に代入すればよいわけです。

ここまでで、よろしいでしょうか。

on 2017年11月11日 の回答
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
fourierseries
さんは家庭教師をしています

多忙につき移動時間のみにしか見れていません。

こんにちは。

私は詳しくないので推測ですが、割り当てた変数名から静力学の分野かなと推測致しました。

ご存知の通り、「δB’の数値の中にもPmax」があるため、

左辺を展開致しますと、Pmaxの2乗が出てきます。

つまり、見たままのこの式の中でPmaxを導出しようとすれば、

Pmaxが変数の2次方程式を解くことになります。

①Pa’,δb’を上式に代入

②降冪の順に整理

③2次の解の公式

の順に処理をすれば(答えは複雑になるが)難しいことをすることなくPmaxが求まりますが、

専門分野の学問的には、Pmaxが多数出る事を許容するのでしょうか。

on 2017年11月11日 の回答
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
zawawo
さんは家庭教師をしています

具体的な計算式を示していただくことは可能でしょうか?

on 2017年11月11日 の回答
コメントする

この質問は解決済みです