ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

年貢

【質問の答えについて】

この質問の答えはわかりません。

年貢は、耕作していたら納めないといけないのか、土地を持っていたら納めないといけないのか、どちらですか?
sy さんの質問 勉強レベル7
2か月前

回答1件

前者「耕作していたら納めないといけない」だと思います。

その土地の総生産量の一部を年貢として徴収するのが前提だと思うので。


例として

●戦国・安土桃山時代

「年貢については、石高を村落全体で集計した村高(むらだか)に応じた額が、村の年貢量とされ、...」

●江戸時代

「年貢徴収は田を視察してその年の収穫量を見込んで毎年ごとに年貢率を決定する検見法(けみほう)を採用していたが、年によって収入が大きく変動するリスクを負っていたことから、江戸時代中期頃になると、豊作・不作にかかわらず一定の年貢率による定免法(じょうめんほう)が採られるようになった...」

どれも「土地が米を生産していること」が前提になっていますよね。

参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/年貢

よねりょう 大阪府/石橋駅 1週間前
あなたがベストアンサーに選んだ
よねりょう
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています