ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

小論文

【質問の答えについて】

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

700以上800字以下の小論文です。テーマは写真貼ります。
「しかし〜」のところが再反論として成り立ってないか不安で、確認して欲しいです。

初めに書いた文はこれです。(何回か知人に添削して頂きました。)

しかし、日本は他の国と比較して外国人労働者受け入れが少ない。シンガポールといった国などでは、外国人労働者受け入れのきっかけで経済力を高めている。シンガポールでは、宗教や文化などといったものを相互理解して共生している。日本もシンガポールを参考にして外国人労働者受け入れを積極的に取り組んだ方が良い。

一応二つのパターン書きました。(上と下でふたつ)

解答例(参考として)欲しいのですが、よろしくお願いします。

近年、少子高齢化社会の影響を受けて日本の労働力人口が減少しており、労働力確保のための外国人労働者受け入れが始まっている。しかし、外国人労働者が増加することで日本人労働者との間で仕事の経験や習慣、文化などによる対立が生じ、チームワークが乱れることになるという懸念もある。では、チームワークが乱れないようにするにはどうしたら良いのだろうか。
私は、共同研修やミーティングのような場を設ける必要があると考える。なぜなら、共同研修で仕事の経験の差がなくなるように均質化し、また、ミーティングで日本人と外国人がお互いの文化などを理解し合うことでチームワークの乱れを抑止し、円滑に仕事を進めることができるようになると考えるからだ。

確かに、理解し合うということは決して簡単なものではなく、多数の困難な問題に直面することになると考える人もあるだろう。例えば、外国人は家族を大切にする気持ちが強く、基本的に残業しないで帰宅する傾向があるのに対し、日本人は締切りを守るべきという意識が高く、積極的に残業をしている、といったことが問題として挙げられる。このように、性格的な面からの相互理解は難しく、簡単には解決できないという意見もあるのではないだろうか。

しかし、現在の社会は少子高齢化が急速に進んでおり、2人で1人の高齢者を支えなければならないという背景がある。2065年には4人で3人の高齢者を支えなければならなくなるとの試算もあり、このような現実的に労働力が足りないという状況下では、外国人労働者の必要性が前述の文化的、性格的な抵抗を上回り、外国人労働者の雇用に積極的に取り組むことで負担を少しでも軽くしようとみんなが動くようになるのである。

したがって、少子高齢化となっている日本の社会に合わせ、積極的に外国人と交流する機会や場を設け、お互いの文化を尊重し、理解し合ったうえで共生して高齢者を支えていくべきであると私は考える。





だいき さんの質問 勉強レベル1
4か月前

回答1件

だいきさん、こんにちは^^



完全に趣味で回答する形で申し訳ないです。

「しかし、現在の社会は少子高齢化が急速に進んでおり、」

この部分が再反論になっていないかということでしょうか?



この段落では解決策について反論意見があるから難しいだろう→しかし、現在の〜(その反論をも打ち負かすような大きな問題があるよ。)

という流れので合ってますか?

部分的に変えるだけであれば「けれども」を使ってもいいのではないでしょうか?



シンガポールで・・・の文章はどこに入れるのかよくわからなかったので特に入れずに、

個人的に色々加えた形で書いてみました↓少なめです。





近年、少子高齢化社会の影響を受けて日本の労働力人口が減少しており、労働力確保のための外国人労働者受け入れが始まっている。外国人労働者が日本で働くことにおいて、日本人労働者との間で経験や習慣、文化などによる対立が生じ、チームワークが乱れることになるという懸念もある。では、チームワークが乱れないようにするにはどうしたら良いのだろうか。

私は、共同研修やミーティングのような場を設ける必要があると考える。例えば、
共同研修でメンター・メンティー制を図り、ベテランの日本人から外国人労働者がマンツーマンで知識・技術を学ぶ。そうすると、労働者間で相互理解、さらには信頼関係を結ぶことができるだろう。企業としてもこれには2つメリットがある。一つは、労働者間での意見の衝突回避、そしてもう一つは外国人労働者の不満も他の日本人労働者が汲み取りやすくなり、トラブルを未然に防ぐことができるという点である。

けれども、理解し合うということは簡単なものではなく、「多数の困難な問題に直面する」という意見もあるだろう。具体的な一つの例として、仕事に対する考え方の違いがある。外国人は家族を大切にする気持ちが強く、残業をしないで帰宅するのに対し、日本人は仕事に対する責任感が強く、一人で抱え込みやすい性格から積極的に残業をしている。生まれ育った環境の不一致から経験・価値観の不一致があり、これに関しては簡単には解決できないことも予想できる。

だが、現在日本では少子高齢化が急速に進んでおり、2人で1人の高齢者を支えなければならない。そして、2065年には4人で3人の高齢者を支えなければならなくなるとの見通しもある。日本の労働者不足問題を解決するには、外国人・日本人同士がお互いの文化や価値観を享受し合った働き方を提案する必要があるだろう。また前述したメンター・メンティー制のように仕事以外の部分でも相互理解を深めることで働きやすい職場を目指し、働き方改革につなげる必要があると考える。

こういった日本人・外国人同士の相互理解を深めていくことで、働き方改革にもつながり、最終的には外国人労働者の安定供給と定着にもなるだろう。そうすることで、日本の少子高齢化問題の一つである労働人口の低下は多少なりとも解決できるだろう。けれども、外国人労働者に依存するのではなく、日本人一人一人がこの社会問題に対し自身の問題として向き合う努力は、継続して必要であるだろう。



だいきさんの小論文の「問題提起→対策→反論→反論に対しての反論根拠データ→総括意見」

の流れで書いてみました。
Lär+ -ラプラス- 愛媛県/松山駅 4か月前
ベストアンサー
あなたがベストアンサーに選んだ
Lär+ -ラプラス-
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています