ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

太閤検地 年貢

質問の答えについて

この質問の答えはわかりません。

太閤検地で、屋敷地は石盛をおこないましたか?

また、年貢とは、土地を持っていたら納めないといけないのか、耕作してたら納めないといけないのか、どちらですか?
sy さんの質問 勉強レベル8
6か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
https://kou.benesse.co.jp/nigate/social/a13x0107.html

進研ゼミのサイトが少し参考になるかもしれません。石盛は「1段あたりの生産量」ですから、石盛を行うとは言わないのではないでしょうか。屋敷地も検地の対象です。

年貢は大きく言えば土地にかけられたものと言えるので「土地を持っていたら」納める必要があると言えると思います。
  • でも、僕の持っている授業プリントには、実測した土地に石盛をおこなうと書いてあるんです…

    6か月前
  • また、年貢は、土地を持っていたら納めないといけないのか、耕作していたら納めないといけないのか、どちらですか?

    6か月前
  • 実測した土地の石盛を「定める」だとか「決定する」だとかなら日本語に合うと思うのですけどやはり「行う」は不自然だと思うのですよね。プリントは市販のものですか?学校のプリントですか?市販のものだとなかなか難しいですが学校のプリントなら一度先生に「石盛を『行う』とはどういうことですか?」と聞いてみるのも良いかもしれません。

    私の口からは「行う」は不自然だとしか言えません。



    回答にもあるように、私の考えでは年貢は土地を持っていたら納める必要があると思いますよ。

    6か月前

    よっしー

    個人家庭教師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

  • この質問と似た質問

  • あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する