ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

大学物理

大学物理です。

真空中に置かれたコンデンサーについて、真空の誘電率をε0、透磁率をμ0とする。
図1のような平行板コンデンサーの二枚の極板は無限に広い面積を持つとする。

解き方がわかりません。回答と共に教えてください。



大学物理
  • 図1は記載にある通りでしょうか?

    1年前

    Shin-Takemura

    オンライン家庭教師

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師


電荷保存則は電荷密度の時間変化と電流の湧き出しの関係を示しています。これにより電荷密度の計算が行えます。

無限に広い極板の場合、E=ρ/2εと書けることがミソです。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

Shin-Takemura
オンライン家庭教師

自己紹介

現在プログラミング教室KOTONOHAを経営しています。 興味があればプログラミング教室KOTONO...

合格実績

東大合格者の指導経験があります。 現在はプログラミング教室運営が主なため、活動を控えておりましたが...
  • ちなみに無限平面極板の電場については下図の積分を解いてください。

    自ずとわかるはずです。置換積分をしてみてください。確かr=ztanθの置換で解けたはずです。

    力試しに留数定理を使って解いてみてもいいかもしれません。

    1年前

    Shin-Takemura

    オンライン家庭教師
  • 丁寧な解説ありがとうございます。

    (b)の磁場に関して、アンペールマクスウェルの法則から導くことも可能でしょうか。

    1年前
  • 計算をしていないですが、可能だと思います。電流j=0として解いてみてください。検算になりますね。

    1年前

    Shin-Takemura

    オンライン家庭教師
  • 微分方程式を解いているので本当は積分定数が必要ですが、端折ってしまいました。必要であれば足してください。

    1年前

    Shin-Takemura

    オンライン家庭教師
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
Shin-Takemura
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る