ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

圧力 浮力

浮力が 、水中にある物体の体積×水の密度
なのはわかりますが、

大気圧や 物体の下の面が受ける力といった力を全て考慮した時の釣り合い式や図の↓(矢印)の書き方がわかりません。



圧力 浮力

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
模範解答に矢印を書き込めば、1枚目のようになります。鉛直下向きが重力、上向きが浮力で、円柱は静止し続けているのでこの2つの力のつりあいが成り立ちます。

ここで注意しなければならないことは、浮力を導入した時点で、円柱の上面にかかる大気圧や円柱の下面にかかる大気圧はすでに考慮済みであるということです。このことを理解するには、浮力の公式F=ρVg(アルキメデスの原理)がなぜ成り立つのかを教科書で確認すると良いと思います。

参考までに2枚目の写真で、浮力を直接は使わずに大気圧が円柱や液面も押す力も含めたものを書きました。

分かりにくいところですが、頑張ってください。



この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

鳩の家
オンライン家庭教師

自己紹介

数学・物理・英語などを指導して11年目の個人契約の家庭教師です。 川口市(旧鳩ヶ谷市)在住です。...

合格実績

■塾講師として 経済学部出身ですが、塾では理系講師として算数、数学、理科を中心に、中学受験から...
あなたがベストアンサーに選んだ
鳩の家
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る