ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

国語 文法について

(回答1件)
次の問題の答えを教えてください。かっこを埋める形です。

落し物をさがさせる 

この文の「させる」は(     )活用動詞の(   )形活用語尾に使役の助動詞(      )がついた形である。

時間がないので始めさせる

この文の「させる」は(     )活用動詞の未然形活用語尾についた使役の助動詞(       )である。

回答(1件)

※探すは四段活用なので本来は

「さす」が付かないはずなんですが、

weblio辞書によると

五段活用の扱いもあるようですね。

そのため「ラ行五段活用(探る)の未然に

『さす』が付いたもの」がいいかもしれないですね

古典じゃ五段活用はありえないですけどね。^^;

古典的には「四段活用」と答えるべきで

「探す」が特別扱いなら納得いくんですけど、

参考資料がみつかりませんでしたので正答は

わからないですね。

 

「始めさせる」のは

マ行下二段活用の未然形に「さす」が付いたもの

ベストアンサー
madreader 1年前
  • あ、そっか!これ古典じゃないから

    「探させる」と書けるんですね^^!

    現代文の文法範囲でした。

    わかりました。

    「探させる」はサ行五段活用未然形に

    現代の使役「せる」が

    ついてるわけですね。納得です。

     

    そのため、2文目も

    マ行下二段活用の未然形に

    「させる」が付いたものになります。

    参考文献↓ https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1380321153

    1年前
クリックして回答へコメントする

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています