ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

古文

■のB問五の(二)で
なぜ、単語できるとき、こ、の、戒め………と
この、戒めではなく、
こ、の、戒めとなるのですか?
普通、この、戒めではなかったでしょうか?



古文
1年前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
山崎 陽子先生
先生
先生 の回答 1年前

こんばんは。

これ、今の日本語の感覚で言えば「この」で1語となるのですが、

古典の場合は「こ」が代名詞(英語で言えばthisにあたる語)、「の」が格助詞になります。

つまり、

「こ」:名詞(代名詞)

「の」:助詞

となるため、2つにわけなければなりません。

 

ちなみに、今の日本語の場合、「この」は連体詞です。

まれに古典でも、「この」をまとめて連体詞としていることがあります。

 

古文は文字通り古い日本語ですが、現代の日本語とかなり異なる部分が多いです。

勉強するにあたっては、古文は「日本語」と思わず、

「新しく習うほかの国の言語」という感覚でいたほうが飲み込み・理解が早くなります。

あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る