ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

古典 高校 動詞

古典 高校 動詞です。

蹴る という動詞の語幹と活用語尾の区別がないことは、暗記ですか??
どのようにしたら、
同士の語幹と活用語尾の区別がつくか分かりますか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
kuro先生
先生
先生 の回答 1年前
基本的には語尾の活用をしっかり覚えて、その上にくっついているものを「語幹」と考えるのがいいと思います。

動詞の活用は9種類しかありませんので、口に出して覚えようとすれば(口に出すのがコツです)案外すぐ覚えられると思います。

また、

「蹴る」に語幹がない理由について。活用させたときに、

け・け・ける・ける・けれ・けよ

となるのですが、もし「蹴」を語幹にしてしまうと、未然形と連用形に語尾がない(!)ことになりますよね。

○・○・る・る・れ・よ

これじゃ困るので、「蹴る」は語幹なしと考えたほうが文法の整理上都合が良いよね、ということだと思います。
あなたがベストアンサーに選んだ
kuro
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る