ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

古典 助動詞

古典 助動詞です。
この問題の⑩について質問です。
意味と活用形を答える問題で、答えは意味が意志で、活用形が終止形でした。

しかし、我「か」と行きて…と係助詞があるので連体形で回答してしまいました。

なぜ連体形ではないのでしょうか?
よろしくお願いします‼



古典 助動詞

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
マゴメ先生
先生
先生 の回答 2年前
「我かと」の「と」がポイントです。

「我か?」と〜というわけで、

この部分はセリフみたいなもので、

切れているのでした。



この和歌は掛詞もあるし、

上の句の「なり」が判別でよく出るやつですから、

ついでに下の句の「む」も出てしまうという^^

「なり」は「聴覚推定」ってやつですね。



せっかくなので覚えておいたほうがいいです。



『秋の野で人を「待つ」という松虫の声がするようだ。

「私を呼んでいるのか」と、行って、さあ、訪ねてみよう』



なり=推定「なり」終止形

む=意志「む」終止形
  • 回答ありがとうございます😊

    お礼が遅れてすみません💦

    わかりやすかったです‼️助かりました‼️

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る