ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

古典文法

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

古典文法です。


この三の⑤の口語訳はこれで合っていますか?

答えは、悲しくお思いなさって でした。




arashian さんの質問 勉強レベル10
2か月前
  • 失礼、先程回答したものです。

    「受け身」の箇所はこちらのミスです。こういった解釈は基本存在しないです(そもそも「す」に「受け身」の意味はないので)

    誤解を生む発言、失礼いたしました。


    結果として、「給ふ」を「ナサル」として訳せているかどうかが今回の訳の鍵になる。というとこだけ抑えてもらえればと思います!

    1か月前

    田中

    個人家庭教師

回答(1件)

惜しい!「給ふ」は尊敬の補助動詞として扱われる場合「〜ナサル」という訳が入ります。ので、模範解答のところに「なさって」という訳が追加されているのは、このためです。質問者様の解答をみる限り、「す」が「尊敬」であることを見抜き、それに見合った訳をご自分で考えられている。ニュアンス的には「敬意」を交えた解答にはなってるかと思います。しかし一方で「受け身」としてのニュアンスも捉えられてしまいます。今回に関しては模範解答のように「〜なさって」たいう形で収めた方がベターです。


敬語含めた訳は大変ですよね。。今回のようなケースも今後多々出てきますので、その都度「訳」には注意していきましょう。

個人家庭教師
田中 個人家庭教師 神奈川県/本厚木駅 1か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
田中
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています