ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

受動態について

【質問の答えについて】

この質問の答えはわかりません。

受動態についてです。

will be + 過去分詞



will have been +過去分詞

の違いが分かりません。
しろっペ さんの質問 勉強レベル2
8か月前

回答2件

上は単純に未来に〜されているでしょうという予告みたいなものものです。



下は、〜までにBYやIFがある、文が付け足されている状況で 「〜したら」〜される結果になるだろうという、現在完了形の訳仕方で未来になります(未来完了形といいます)
たくと オンライン指導/ 8か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
たくと
さんは個人家庭教師をしています

受動態でも能動態でもwill doとwill have doneのなんとなくのイメージの違いは

will do→行為の開始に意識がいく

will have done→行為の終了に意識がいく

感じです。



受動態でも

will be done→される(行為がされる開始地点に意識)

will have been done→され終わる(行為がされ終わる終了地点に意識)

のような感じです。



もちろん文脈によって各々の解釈は代わりますし文意によってはどちらでも構わないケースもあったりすると思います。
よっしー 千葉県/千葉駅 8か月前
ベストアンサー
  • will be doneは行為の開始というより行為の発生そのものへの予測と言った方が良いかもしれません。



    例えば

    ①The bug will be fixed by tomorrow

    ②The bug will have been fixed by tomorrow.

    ①に関しては「明日までに『バグが修正される』ことが起きるだろう」という感じです。明日になってバグの修正が完了しているかどうかまでは考えてません。とりあえず修正が入ることそれ自体を指します。

    ②に関しては「明日までに『バグは修正され終わってる』ことが起きるだろう」という感じです。明日までにバグは修正され終わっているはずだと、行為の終了に目を向けた言い方になります。

    全てがこれで説明がつくわけではないと思います。ただ大まかなイメージはつかめるかなと思います。





    8か月前

    Internet Explorerでは質問、回答、コメントの入力に不具合が発生する可能性がございます。
    もし入力に不具合がございましたら、申し訳ありませんが、別のブラウザをご利用くださいませ。

    推奨ブラウザ:Google Chrome

コメントを入力
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています