見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

質問:反応速度

かるび かるび 個人家庭教師の回答

ルシャトリエの法則とは、 平衡状態...

質問:反応速度

しゅんや しゅんや 個人家庭教師の回答

3を2乗すると9になるからです 何倍す...

質問:化学 反応速度

はらはら はらはら 個人家庭教師の回答

1,2を厳密に数学使って導こうとすると、...

反応速度 速度式について

質問の答えについて

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

速度式についての質問をさせて頂きます。


画像の問題の(2)についてです。

右辺の分母の計算がかなり大変で、時間を食ってしまいます。

何か上手く計算するコツはないでしょうか?


また、活性化エネルギーの単位がなぜj/mol(kj/mol)になっているのか分かりません。


ご回答よろしくお願いいたします。



回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
学生

(1) 有効数字2ケタなので、温度を716 -> 720, 647 -> 650 と四捨五入すればいいでしょう。

(2) というより、理科年表をみていただいたら分かるのですが、活性化エネルギーとはふつう KJ/mol で表すものです。理由は、たとえば人の体重を g ではなくて kg で測るのと同じで、慣習ですね。

ちなみにこれは化学の人だけの慣習で、物理が好きな人は eV を使います。

  • 回答ありがとうございます!

    参考になりました。

    確かに、有効数字を考慮すれば格段に楽になりますね。

    5か月前
回答へコメントする

まだ分からない問題があるなら、
わからない問題を画像で検索してみよう!

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

緑習問題 化学反応の反応連度定数は、 温度などの反応条件が一定であれば一定の値であるが、現 の上昇とともに急激に増加する。 例えば、 ヨウ化水素の分解反応では,温度が647 Kから714 Kになると、反応連度定数は約30倍になる。 アレニウスはいくつかの反応で反応速度定数が 天然 えす kAe で表されることを示した。ここで、 Aは比例定数、 E、 (J/mol)は活性化エネルギー, T (K)は 絶対温度、RU(mol-K)] は気体定数である。これを用いると、反応速度定数が温度によって どのように変化するかを測定することで、 反応の活性化エネルギーを求めることができる。 生キ 問 反応の活性化エネルギーE. を求めることが 間1 ①式の両辺の自然対数をとることにより、 できる。その方法を簡潔に述べよ。 間2 下線部においいて、 温度T, (647 K)とT (716 K)で反応連度定数を測定したところ,そ れぞれ= 8.6×10L/(mol s)と=2.5× 10L(mol-s)であった。問1の結果を川 いてこの反応の活性化エネルギーE, を求めよ。 ただし、速度定数』とaの値を自...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります