単振動

鉛直方向にのみ伸縮できるようになっている軽いつるまきばねの一端が床に固定されている。いま、ばねの他端に質量Mの板をとりつけ、さらにその上に質量mの重りPを乗せたところ、ばねは自然長からd縮んでつり合った。このときの板の位置を原点とし、鉛直上向きを正としたx軸をとる。板の厚さ、Pの大きさや空気の抵抗は無視できるものとし、重力加速度をgとする。

(1)ばね定数を求めよ

次に板をx=-2dの位置まで押し下げて静かにはなしたところ、板とPは一体となって上昇していったが、ある位置でPは板から離れた。

(2)板の位置がx(0<x<d)のとき、板とPはまだ離れることなく運動していた。この時の板とPの間に働く力をNとし、上向きの加速度をαとして、板とPの運動方程式をそれぞれ示せ

(3)Nをxの関数として表せ

(4)Pが板から離れる位置を求めよ

(5)最下点から板とPが離れる時間を求めよ

勉強レベル6 on 2018年2月20日 の質問 物理に関する質問.
コメントする
ベストアンサー

続き

続き

on 2018年2月23日 の回答
コメントする

こんにちは、NoSchoolです。

質問ですが、以下の内容をお書き頂ければ、より良い回答があると思います。
コメント欄もしくは回答欄で追加でお書きくださいませ。

・答え(回答者様のご参考に)

・どこの部分がなぜわからないのかなど

 

今後ともNoSchoolを宜しくお願い致します。
NoSchool

on 2018年2月20日 の回答
コメントする

すみません。回答の途中でアップロードしてしまいました。続きはこちらになります。

on 2018年2月23日 の回答
コメントする

この質問は解決済みです