ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

単回帰分析、重回帰分析

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

単回帰分析、重回帰分析です。

x Txは(M+1)*(M+1)行列であり、常に正方行列となると書いています。

少し理解できないので説明。宜しくお願いします。



単回帰分析、重回帰分析
Pokepoke67 さんの質問 勉強レベル3
5か月前

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
L×M行列とM×N行列の積はL×N行列になります。

XはN×(M+1)行列だとXTは(M+1)×N行列になるので、XTXは(M+1)×(M+1)行列になります。
  • わかりやすい。ありがとうございます。

    5か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

個人家庭教師
L×M行列とM×N行列の積はL×N行列になります。

XはN×(M+1)行列だとXTは(M+1)×N行列になるので、XTXは(M+1)×(M+1)行列になります。
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんは個人家庭教師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

  • この質問と似た質問

  • この質問に関連する文章

    一方、X'Xは(M+1) × (M+1) 行列であり、その形はサンプルサイズ Nに依存することな 正方行列となるため、これを利用して式変形を行います。 新しい入力変数の値 xq-[21,-., 決定されたパラメータw を用いて、 IMに対して、対応する目標値yaを予測するためには、訓練

    ※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります

    あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する