ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

化学 物質量の求め方

(2)の物質量の求め方について

解答ではpv=NRTを用いて求めています。

自分は、図より、30秒後の捕集された酸素の体積が37mlとわかるので、

酸素の物質量を求め(37/22.4×10^3)

化学反応式から、分解された過酸化水素の物質量は、捕集された酸素の物質量の2倍なので→(37/22.4×10^3)×2≒3.3×10^-3となりました。


解答の解き方は、理解できました。

しかし、自分の解き方がどこに問題があるかよくわかりません…。

自分の解き方が、どこで間違っているか指摘していただけないでしょうか?

宜しくお願いします。





回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました

1.0molが22.4Lなのは、理想気体の「標準状態」での話です。

0℃(273K)、1気圧(1.013×10^5Pa)での話です。

今回発生した酸素は294Kだし、圧力も、1気圧から水蒸気圧を引いた値になるし、酸素の物質量を求めるときに「1.0molは22.4L」が使えません。

  • 解答有難うございます!

    1mol=22.4l は、標準状態の時しか使えないですね。失念してました!

    ありがとうございました!!


    1年前
回答へコメントする
オンライン家庭教師

37mlには水蒸気が含まれています。

また、22.4L/molというのは標準状態でないと使えません。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

tamu
オンライン家庭教師

自己紹介

愛媛県で田村学習塾という塾を経営しています。 どんな些細な質問にも丁寧に答えます。 個別質問は対応...

合格実績

塾講師、家庭教師として7年目
  • 解答有難うございます

    標準状態でしか、使えないことを失念してました!

    ありがとうございました!!

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る