ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

助動詞 「たり・り」

◻︎3がわかりません。解説では、aとbの「る」は完了の助動詞「り」の連体形で、aは存続用法、bは完了用法とあるのですが、助動詞「り」と判断できた理由と存続と完了がa、bそれぞれで判断できた理由を教えてください。

回答よろしくお願いします



助動詞  「たり・り」

助動詞  「たり・り」
1年前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
マゴメ先生
先生
先生 の回答 1年前
「浮かべる・流せる」は現代文なら可能動詞の可能性があるけど、

古文の動詞にはないので「助動詞」。



で「受身自発可能尊敬」の「る」ではなく、

「完了存続」の「り」であるという区別は重要で、

「〜aる」の形か「〜eる」の形かで判別。

「浮かべ〜eる」「流せ〜eる」だから、完了・存続の「り」。



完了か存続かの判別は文脈上での意味で、

「〜した」か「〜ている」か。

「浮かんでいる」と訳しておかしくないから「存続」、

「流している」と訳すとおかしい(実際に流しているわけではない)から「完了」。

まず存続で訳して、おかしかったら完了です。
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る