ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

副助詞

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

「私などにこの役は務まらない」という文で、副助詞は「など」と「は」でした。

なぜ「は」は格助詞ではなく副助詞なのでしょうか?



副助詞
う さ も も . さんの質問 勉強レベル7
7か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師
格助詞に「は」はないからです(格助詞「が」は存在します)。



副助詞というのは「いろいろな意味を添える語」です。

「は」は「が」と同じように主語を表すときに使いますよね。

ただ「は」にはいくつか意味があって、例えば「強調」を表したり「限定」を表したり、「題目(テーマの提示)」を表したりします。



今回の「この役は務まりません」については、

・私にはこの役は無理そう(だけど、ほかの役ならできそう)

という「限定」の意味を含んでいます。



格助詞「が」は、主語と動詞をつなげるためのもの。

副助詞「は」は、主語を限定したり、強調したり、なにか別の意味が添えられているもの。



ちなみに格助詞は10語だけしかありません。

「を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や」



  • とても分かりやすかったです。

    ご回答ありがとうございました。

    7か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは個人家庭教師をしています

質問する

  • この質問を見た人は以下の質問も見ています