ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

内閣:浜口雄幸の時

質問の答えについて

この質問の答えは質問の本文に記載されています。

海軍軍令部の許可なしにロンドン海軍軍縮条約を結んだ事によって 統帥権干犯問題になった訳ですが、

ワシントン海軍軍縮条約を結んだ時には海軍の反感は買わなかったのですか?
omusubi さんの質問 勉強レベル1
3か月前

回答(1件)

「許可ナシ」というか、

統帥権干犯問題は基本的に「いいがかり」です。

統帥権持ち出したら「議会不要」ってことになりますから。

(実際、その後はそういう感じになりますが)。

海軍内部の「条約派」に対して、

「艦隊派」が予算が削減されたのと合わせて怒ったという感じです。

(「ない袖は触れねえだろ」と言いたいところですけど、

アメリカとの建艦競争で勝てるという艦隊派の勘違いです)。

艦隊派の暴走を危惧した井上成美が1930~1936にやったことなど、

ぜひ検索してください。

 

ワシントン海軍軍縮条約は第一次大戦後の国力関係で、

イギリスが損してアメリカが得する、

日本は微妙という感じの条約ですから、

国内のどこからも文句は出なかったというところです。

個人家庭教師
マゴメ 個人家庭教師 埼玉県/入間市駅 3か月前
あなたがベストアンサーに選んだ
マゴメ
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています