ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

中学社会 歴史

質問の答えについて

この質問の答えはわかりません。

中学社会 歴史です。

ポーツマス条約に、“韓国における日本の優越権”とありますが、どうして、韓国における優越権をもらったのですか?

日露戦争は中国をめぐる戦いではないのですか?
bluefairy さんの質問 勉強レベル10
4か月前

回答(1件)

朝鮮はロシアにとっては外部(海の外)へ進出するための重要な拠点と捉えていました。

ロシア近辺は寒いです。

そしてロシア近辺の港では冬など気温が下がると海が凍ってしまった海の外に出るのに不便だったのですね。

なのでロシアより南側に位置して、通年で海の外に出ることが出来るような港を獲得することがロシアにとっては重要な意味合いがあったのです。

そんなわけでロシアはまずは満州国(朝鮮の北部)を占領し、次は朝鮮をその手中におさめようとしていたわけです。朝鮮は地理上海に面した国ですから、そこを押さえることが出来ればロシアとしては非常に意味があるものになります。



ですがロシアのそのような外部へ勢力を伸ばそうとする動きはヨーロッパの国々にとっても、日本にとっても驚異であったわけです。

なので日本は日露戦争前に日英同盟を結んでいます。イギリス(英国)としても、ロシアに朝鮮を取られてはロシアの東アジア圏への影響力が強くなる結果となるので不都合であったのですね。



日本としても朝鮮をロシアに押さえられてしまうと自分たちの東アジアの影響力が弱まる結果となるのでそれは防ぎたかったのです。



そのような理由で日露戦争は朝鮮近辺の土地をめぐる争いといえるのです。



ポーツマス条約でそのような文言があるのは

「朝鮮(韓国)にはもう手を出すな」

ということを述べているのです。
ベストアンサー
個人家庭教師
よっしー 個人家庭教師 千葉県/千葉駅 4か月前
  • そういうことだったのですね!!

    ありがとうございました😊
    4か月前
クリックして回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは個人家庭教師をしています

質問する

回答するには ログイン してください。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています